オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

ピアノは持ち運べないけどPianoStudioを使えばiPhoneでピアノ弾き語りができる

»

 ぼくはどちらかといえばギターよりもピアノのほうが少しだけましなので、弾き語りをするときはギターよりもピアノのほうがいいのです。でも、ギターと比べてピアノは持ち運べない。だからいくらうまくても人前でなかなか披露できないのです(笑)

 というわけで、iPhone用のピアノアプリであるPianoStudioを使って、CarpentersのClose To Youの前半部分を弾き語りしてみました。PianoStudioはボタンにコードやシーケンスの音を割り当てて、iPhoneの狭い画面でもピアノの伴奏ができるという優れものです。

 これはボーカルとiPhone演奏を別録りしてGarageBandでミックスしたものですが、もっとラフな、しかも歌詞を間違っている一発録り弾き語りはこちら:

 これでどういうふうに演奏しているかが分かるでしょうか?

 PianoStudioは音色としてはアコースティックピアノとローズしかないピアノアプリなのですが、鍵盤を弾くことは想定していないのです。ボタンにコードや単音を割り当てて、それを弾くことで演奏するのです。

 例えばLet It BeやYesterday Once Moreのようなコード4つ打ちの曲なら、リズムキープさえできれば比較的簡単にできます。コツとしては、コードとベースの部分を分けておくことですかね。

 Let It Beを弾いたのがこれ。ギターはiPadの別アプリですが、伴奏は全部PianoStudioを使っています:

 さて、Close To Youですが、基本はコードとベースだけなのですが、2カ所、装飾的なアルペジオが入っています。That is whyの前のところですね。ここは、シーケンスを自分で作って割り当てているのです。速いパッセージはこれをうまく使うといいかもしれないです。

 PianoStudioは600円(App Storeへのリンク)。ギターアプリのiShredGuitarStudioと同じところが開発しています。こちらもおすすめ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する