オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

般若心経アレンジリンクが予想外に広がった理由

»

般若心経は煩悩を超えられるか

で、「般若心経ポップ」に端を発した「般若心経アレンジリンク」が108に達したという話を書いたのですが、現在ではさらに広がりを見せており、144曲もあります。あ、書いてるうちに146曲に増えてた。まだまだ増殖中。次の週末にはさらにとんでもないことになるでしょう。

 なぜこれだけ広がったのか? いくつか考えてみました。

・はんにゃGのイラストがステキ
・おにゅうPの元曲がアレンジしやすい

 これは当然として、このお二人が、広げるための努力を惜しまなかった点。依頼をうけたはんにゃGが、その都度新しいミク坊主イラストを起こし、それを見ることが視聴者の楽しみになったこと。

 そして、これが特に重要だと思うのですが、おにゅうPが元曲である「般若心経ポップ」のVSQファイルを提供したこと。

 VSQファイルがあれば、

・BPMを変えられる
・歌手を変えられる
・長い歌詞でも再入力不要
・キーを変えられる

いくらアレンジしても、歌手(VOCALOID)はついてきてくれる。人によっては最も手間のかかる調声の部分をおもいっきりスキップできちゃう。とくにこれはお祭りなので、あまり調声にこだわってもあれだし。

 つまり、かなり長くて難しい歌詞、メロディーがありながら、それを自在に使える環境が、VSQ提供により可能だったということが大きいのではないかと。PIAPROのVSQダウンロードページには40もの感謝のメッセージが。

 こうやってアレンジリンクの輪が広がっていったんですね。歌ってみたよりも、アレンジのほうが多いってのも、うなずける感じ。

 というわけで、最近のお気に入りを貼っておきます。

 あ、直近では技術部に飛び火してるですね……。

追記:期待ツイート「般若心経の消失とかまだやってないのかな」をしていたら、あがりやがりました。ここは考えたことが実現する怖い怖い涅槃の世界です:

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する