オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

Twitterが落ちたときの避難経路は決めておかないとね

»

 きのうは大変でしたね。自分のタイムラインが突然機能しないという事態に見舞われたとき、みなさんはどうされましたか?

TwitterとFacebookがDoS攻撃で一時ダウン、マルウェア攻撃も復活

 以前ならばmixiで確認するという人は多かったかと思いますが、ぼくがフォローしフォローされている人の大半は既にmixiを見捨てており、今回の選択肢には入らなかった模様。mixiエコーという線もあったんですが、マイミクの書き込みはわずか2件のみ……。

 あとで、Facebookという選択肢もあったかと思い至りましたが、ITmediaの記事によれば、Facebookも同時にDDoS攻撃を受けていたもよう。重いという話はタイムラインから聞こえてきていました。

 代替案として一番多かったのは、FriendFeedでした。Twitterを代替・包含するリアルタイムコミュニケーション手段としてかねてから提唱していたのは、シロクマ日報の小林さん。

Twitterがダウンしたらまずfriendfeedに行って、akihitoの発言を確認する。これ豆知識ね

 こんな投稿をTwitterに流したのはわたしです(笑)。そのくらい、Twitter情報に関しても情報がはやく、信頼できる小林さん。FriendFeedはTwitterの代替としてはけっこう優秀で、あとはTumblrあたりが選択肢に入ってくるかなあ。TumblrはTwitterのステータレポートが出る場所でもありますしね。

Twitter が落ちているかどうかを確認する「だけ」のサイト "Is Twitter Down?"(POLAR BEAR BLOG)

 これも参考になります。ITmedia Twitterの必須サービスに追加しなければ。

 いずれにしろ、自分のブログかのプロフィールに、Twitterが落ちた場合の避難経路を書いておく必要はあるかも。自分ならば、Twitter > FriendFeed > Tumblr > mixi > Facebookとかでしょうか。

 そういった情報を複数の場所に置いておき、だめだった場合にポストをどんどんレプリケートしていって疑似タイムラインを作っていく、みたいなのってありですかね? まあ、商売にはならんと思うけど。

Comment(3)

コメント

というか、そこまで生活に深くTwitterが入ってきていていいんだろうか、と思ったりもします。

どうも、昨夜は生き生きとしてたアキヒトですが、何らかの避難経路を用意しておく必要が生まれているのかもしれませんね。もちろん谷川さんが仰るように、「そこまで深く入ってきていいの?」という点はあると思いますが、好むと好まざるとに関わらずソーシャルメディアの重要性は増してしまっているわけで……改めて備えておく必要なあるのかなと思います。

koya

谷川さん、もう遅いですよ。完全にTwitter中心に動いてます。というか、仕事もTwitter中心に動かすことになりそうです、実は。
アキヒトさん、きょうも生き生きしてますね。またTwitterが瀕死状態だし。おかげでFFには相当流入してますね。Twitterフォロワーリストからの移行方法とか、まとめページを探そうかと。前やったんだけど忘れちゃってて

コメントを投稿する