オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「そろそろ初音ミクのライブを見たい」から20カ月。ようやく現実のものに

»

 ITmedia Newsのトップ10記事を読んで、デジャ・ヴュ的ななにかを感じました。

初音ミクの「初ライブ」に泣きそうになった


 自分のブログを「初音ミク」「ライブ」で検索すると、「そろそろ初音ミクのライブを見たい」というエントリーに行き当たりました。2007年の12月18日の記事。なんと、「初音ミク、JASRACデビュー」の翌日に書いたものです。

そろそろ初音ミクのライブを見たい

もしも初音ミクのライブがあるとしたらどんな技術、インフラが必要になるのかを考えてみました。

 で、冒頭の、「まず著作権クリアしなきゃだからJ-WIDで調べて」に戻るわけです。

 実体がないのにライブができるのか、という疑問には、すでにGorillasが応えています。

 見ていない人はYouTubeあたりで探してください。

 アニメでしか存在しない仮想バンド、Gorillasはグラミー賞のスペシャルライブでマドンナと共演しました。3DアニメーションのGorillasメンバーがマドンナとクロスするところは「いったいどうやってんの?」という感じです。

 初音ミクの場合、だれと共演させるの、という問題はあると思いますが。

 現在のミクPVラインアップでは、同じ楽曲で複数の優れた映像が上がっている場合があるので、ベース楽曲が同じものはマルチスクリーンで同時に写しだすというのもおもしろいかもしれません。天井まで使うとさらにいいかも。首が痛くなりそうですが。

 MCは、リアルタイムモーションキャプチャを藤田咲さんに装着していただいて、動きつきでしゃべっていただくと。

 ダンス(があるとすれば)は、やはりモーションキャプチャで。

 歌の部分は、リアルタイムは難しいかもしれませんが、多数のPCを切り替えながらReWire、VSTiを駆使してやってもらいます。バックヤードにはそのための訓練を重ねたリアルタイム「ミク」オペレーターが多数。

 アニメロのライブでは、生バンドにあわせて3Dミクをプロジェクタに投影したものを同期させる、というわりとシンプルなものでしたが、JASRAC問題を乗り切った「みくみく」が披露され、さらにはアニメ化が決まった「BRS」も演奏。できるならその場にいたかった、と思わせる盛り上がりでした。

 次はやはり、20カ月前のエントリーで書いたように、リアルタイムモーションキャプチャで動いてもらいたいですね。それは藤田咲さんではなく、Project DIVAの中の人(骨の人)である小倉唯さんにやってもらうことになるんでしょうね。

Comment(3)

コメント

アロハ

ニコニコ動画の第3回MMD杯の閉会式では、
25分の動画のナレーションを、全てミクだけ
でやってしまっています。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8030623
ライブにはMCも必要だと思います。

何故?モーションキャプチャ

何故にモーションキャプチャにこだわるのですか?
キャプチャした瞬間に、それはミクの動きではなくキャプチャされた人自身の動きになってしまうのが判りませんか?「ヴァーチャルと現実の間で」存在するミクにふさわしいのは
AR技術を使ったステージでしょう。観客は全員電脳メガネを掛けてステージ上のミクを見る事となるでしょう。ダンスもMCも人工知能で”その場で”作り出せる(日が来る)はずです。
その日、その時、その場所で、参加者は「今そこにあるSF」が現実化するのを目撃するのです(と、成れば良いなあ)

koya

アロハさん、今回はMCがあったのがよかったですね。それをリアルタイムで生み出せたらいいなあ、と思います。

モーションキャプチャでなくても別にかまわないのです。電脳メガネの中のミクはそれぞれの視聴者に最適化されたダンスであってもおもしろいです。

コメントを投稿する