オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

Project DIVAに至るための長いみちのり

»

 さきほどようやくPSP版初音ミク音ゲー「Project DIVA」をようやく起動して2回プレイしたところ。

 なんでプレイまでにこんなに時間がかかった説明をしよう。

 朝、用意周到にPSPを持っていった。MOSAの講演の帰りに、昨日予約した「Project DIVA」をぷちねんどろいどともにゲット。喜んで会社でPSPを充電。UMDを入れると……。ファームウェアが古いというではないか。そういえばTwitterのTLでそんな情報が流れていたような。

 けっきょく、家に帰り着くまでiPhoneで別のVOCALOID音ゲーであるPanel VLをプレイしてやりすごし、家に着くなりネットに接続。ファームウェアをダウンロードするものの、メモリースティックを息子に抜かれ、別のメモリを探し出し、装着。すると、充電が足りないのでバージョンアップできないというアラートが。なんという手間のかかるゲーム機であることか。

 だから、「Project DIVA」の最初の曲「ワールドイズマイン」を2度も途中失格してミクをorz状態にしてしまったのも仕方ないことなのだ。

 その後もぜんぜんダメでした……。そういやiPhone版のだめゲームもぜんぜんだめだったしなあ。

Comment(1)

コメント

行きずり

ファームウェアはUMDに収録されていて、そのままPSPのメニューからアップデート出来るはずですが…
自分は出来ました。PSP3000ですけど。

コメントを投稿する