オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

まさにネットらしいNetVOCALOIDの新サービス「ボカロツイッター」を考えてみた

»

 NetVOCALOIDは、歌詞やメロディーをクライアント側で指定すれば、サーバ側で初音ミクやがくっぽいどなどの歌声に変換してくれるサービス。現在のところ、「ミクと歌おう♪」「ケータイがくっぽいど」の2つのサービスがあります。しかし、われわれ既にVOCALOIDユーザーにとっては、敢えて利用すべきものではありません。

 SaaSであること、ネットベースであることを活用したアイデアを思いついたので、ここで書いておきますね。誰かが実用化してくれるかもしれないし。

 それは、TwitterのつぶやきをVOCALOID化して、再生してくれるサービス。「ボカロツイッター」(仮)。

 これならば、バックエンドですべて処理できて、ユーザーにはMP3ストリーミングあたりで流してくれればいい。

 使える文字が140文字だけだから、いくつかメロディーパターンを用意すれば、なんとかなるんじゃないかなあ。

 自分のタイムラインを淡々と歌い上げてくれるボカロツイッターTL、特定テーマのハッタグを歌うボカロキーワードなど、さまざまな応用サービスが考えられますね。

 TLの隙間には、CMが入るとか、ビジネスニュースが入るとか、そんなビジネスモデルもありかなあ、なんて。

 これはパケット定額が前提なので、もちろんiPhoneで最初に実用化してほしいです。Twitterやってる人とiPhoneユーザーって相当重なってると思うので。もし作ろうという奇特な人がいたら、ぜひお願い。

 TwitterとVOCALOIDといえば、こんな作品を作った人がいますね。

 自分でもこんなの作ってしまいました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する