オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

iPhoneがあればブルースが弾けてしまう件について

»

 iPhone/iPod touch用アプリレビューサイトでいつも参考にさせていただいているNot renewalさんで、驚愕のアプリが紹介されてました。これまで何度か紹介しているMooCowMusicの新ソフト“Band”なんですが、これがすごい。

 これまでのPianist、Drumsといった単体楽器のアプリケーションを集めて新作を追加、それらのシーケンスを同期させることが可能になったのですが、それ以上にインパクトがあるのが、この中の“12 Bar Blues”というアプリ。

 12小節のブルースギターを弾くためだけのアプリで、まあ、YouTube画像を見てください(4分44秒あたり)。

 ドラム、ベース、ギターのバッキングだけじゃなくて、ブルースソロも弾けちゃうのです。どうです?

 さあ、わたしはKAOSSILATORとiPhoneを持って、いつでも参上しますよ。どこかわたしを雇ってくれるブルースバンドはあるかな? 多少は歌もうたえます(笑)

 あと数日で公開されるそうです。こりゃあ、何かやらねば。

Comment(5)

コメント

yasu-sasaki

これ凄いですね~~~!

一人で楽しむのもいいですが、何人かでセッションするのに、複数のヘッドホン端子が付いた電池駆動の簡易ミキサーが売れるかもしれませんね。

koya

yasu-sasakiさん、そういうデバイス、出てほしいですよね。何台対応にするかが問題ですけど。DS-10とM-06とKAOSSILATORとiPhoneと……。4チャンネルは必要ですね。

す、素晴らしいです。秋には日本でもiPhone出るかもという噂ですが今すぐにでもiPod Touch買いたい感じです。持ち歩いて作曲遊びも出来ますし、まじでセッションも出来ますね。こういうのがこれからもどんどん出ると思うとドキドキです。

koya

おお。QYユーザーなんですね。まったくスタイルの違うマルチトラッカーなんで、ぜひお手元に!

是非使ってみたいです。現在iPhone貯金しております。
iPhoneにはインターフェースの違いが、このようにまで新鮮さを生むのかということと、このように様々な人のアイデア、マンパワーを集めるのかという点で驚かされ、しかも日常にとけ込んで存在してくれるというのがすごいですね。完全にAppleの信者と化していますが単純に音楽アプリが豊富に出てきているというのがiPhoneの最も好きなところです。
それから私のblogに来て下さったようで、ありがとうございます。

コメントを投稿する