オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

岡田記者の「初音ミク」インタビューとデッカオーディション

»

 初音ミクのデビュー時のエピソードは、レコード会社のデッカがオーディションでビートルズを蹴ってしまったという話に似てますね。

 EMI(パーロフォン)で、ジョージ・マーティン同席のオーディションを受ける前、ビートルズはデッカのオーディションを受けたのですが、「流行の音楽ではない」と冷たくあしらわれた、という、非常に有名な話です。

 同じようなことが、初音ミクでも起きていたようです。

 岡田記者渾身の現地取材記事の2回目

クリプトン・フューチャー・メディアに聞く(2):「初音ミク」ができるまで

 この記事の中に、クリプトン佐々木(wat)氏のコメントとして、こんなくだりがありました。

“萌え”キャラ要素を持った「初音ミク」は、業界からは黙殺された。「DTM業界で最も権威のある雑誌の担当者にファーストインプレッションで苦笑され『紹介はできませんね』と断られた」(佐々木さん)

 これは、おそらくあの雑誌だろうな、というのは容易に想像がつきます。長年読んでいる雑誌なので。本来ならばDTMを支えてきた出版社なのだから別冊や特集の1つも用意すべきところが、いくら読んでも出てこない。これはあきらかに異常。なにか大きな問題でもあったのかと思ってましたが……。

 その理由はこんなところにあったのですね。

 デッカの担当者は、ビートルズを逃したことでクビになったそうですが、その某出版社の担当はどういう評価を受けたのでしょうか? もしも自分がその担当だったらそのときどう判断したのか、ということも含めて非常に気になります。

 もちろん、ジョージ・マーティンとEMIは、DTMマガジン、ということになるのでしょう。

関連記事:
クリプトン・フューチャー・メディアに聞く(2):「初音ミク」ができるまで
クリプトン・フューチャー・メディアに聞く(1):「音の同人だった」——「初音ミク」生んだクリプトンの軌跡

Comment(1)

コメント

ymastuya

ワタシがその雑誌の編集者ならいっそ「ごめんねミク」企画と題して開き直って特集しちゃいますね。
「今さらミク」でもいいかなw

コメントを投稿する