オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

ダメになりやすいキーを色で見つけるジェネレーター

»

 ジェネレーター流行ですが、こんなものがありました。

 コンピュータのキーボードを長年使っていると、特定のキーだけ反応が悪くなったり、キートップがはげたりしてきます。たぶん、そこの打鍵が強すぎたり、多用しすぎていたりするんでしょう。

 これをキーボードヒートマップと称して、分布図を作成するページができあがっていました。

Keyboard_HeatMap

 Some Textのフィールドに、文章を入れていくと、色分布でよく使われるキー、あまり使われないキーを判別できる写真が生成されます。ただし、日本語の文章ではうまくいきません。

Keyboard_heatmap5

 ところで開発者のひと、Macユーザーなんですね。キーボードは古いけど。

 これ、いちばんよく使うであろう、CommandやOption、Controlなんかはこれじゃあ出てこないんだろうなあ。ShiftやTabは判別するみたいだけど。

Comment(2)

コメント

WebObjectsとゆーツールでお仕事をしてたころはSキーがツルツルに減って刻印消えちゃいました。

cmd+Sが習慣になってたんだなぁ…。

koya

某新OSと相性が悪いといわれるWOですね(笑) そんなときのためにTime Machineがあるはずなのに……。

コメントを投稿する