オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

日本的Kindleの姿は電子辞書なのかも

»

 既にこの記事で指摘されてしまったのでアレですが、Amazon KindleのライバルとなりそうなプラットフォームとしてニンテンドーDSと並ぶものと書いたのは、電子辞書のことでした。

 Kindleの特徴の1つに、Wikipedia機能を内蔵というのがあります。つまり、電子辞書があることを1つのウリにしているわけです。だったら逆もありではないでしょうか?

 電子辞書というのは、シャープの電子手帳の時代からコンテンツの1つでしたが、ソニーが出していた、8センチCD-ROMの電子辞書ってのもありましたね。もっとも、ソニーは電子辞書からの撤退を余儀なくされてしまいましたが。

 ソリッドステートなメモリをベースにした現在の電子辞書ですが、すでに電子書籍リーダーとしての機能を備えつつあるようです。

ダウンロードコンテンツが扱える“ネットワーク電子辞書”、SIIから

 このSIIのネットワーク電子辞書は、

インターネットを通じて入手して対応する各種eブックやニュース記事を本製品に転送して利用できる。

このソフトはWordやPowerPoint、Acrobatなどのファイルを本製品で扱えるフォーマットに変換するコンバート機能も有している。なお、両製品の付属CD-ROMにはチャールズ・ディケンズの「A Christmas Carol」など50編の英語小説が含まれている。

ということで、オフラインでですが、電子書籍を読む能力を持っているわけです。

 縦書きが表示が可能か、というのはちとわかりません。英語小説を収録ということから、英文のみの機能かもしれません。

 カシオのXD-GW/SW/STシリーズには、コンテンツプラスという機能があります。

 「エクスワードテキストローダー」というソフトを使い、本体の内蔵メモリかSDカードにプレーンテキストファイルを転送し、読むこともできます。青空文庫を使う用例も書かれています。残念ながらWindowsのみ。

 シャープは、自社でSpace Townブックスを展開しており、電子書籍の展開には最も力を入れているようです。読めるのは、シャープの独自フォーマットであるXMDFとプレーンテキスト。こちらは縦書き表示も可能。

 この3社が日本の電子辞書市場をほぼ独占しているわけです。電子書籍の機能については、ちと宣伝が足りない気はしますが、化ける可能性はまだおおいにあると思います。

 そのためには、シャープがSpace Townを開放して、3社共同プラットフォームを作るくらいのことはしたらいいのになあ、と考えるのですが。

 シャープには、その前にPC用ブンコリーダー(XMDFリーダー)のWindows Vista対応(そしてMac対応も)を実現してほしいものです。最新Mebiusにはブンコリーダーじゃなくて、FlipViewerがバンドルされているのが気になります。

関連記事:
Amazon Kindleの本当のライバルは、ニンテンドーDSかもしれない
iPodがAmazon Kindleを駆逐する日
もしもわたしがKindleを作ったなら

Comment(1)

コメント

ヒロー

ソニーは、電子辞書から撤退したが米ソニーが現在ブックリーダの2代目を出している。BBeB規格をベースにした辞書を搭載した8ヶ国語電子辞書は、今もその付属の辞書工房というソフトによってユーザーがエスペラント辞書や露英辞書を作成したりしている。しかしテキストビューワ機能はしおり機能もなく貧弱で、文字コードも本来BBeBで持っているユニコードを使い切ってないので英語日本語が基本であり辞書工房同様8ヶ国語には対応していない。
SIIも今春ようやくテキストビューワ+MP3+辞書作成ソフト搭載の電子辞書を出すということで、ソニーが3年前にやっていたことに追いついてきた印象があるが、ソニーはBBeB対応の真の多国語辞書搭載ブックリーダーを出すか、辞書工房のユニコード対応などのソフトのバージョンアップで汎用的な多国語辞書を取り込めるようにしてほしい。辞書端末を買い替えを促す現今の電子辞書業界のありように一石を投じるような事を期待している。

コメントを投稿する