オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

突然の雷雨、どう対応するか

»

 「タトトタトトタン」で始まるのは「嵐の女」、マイクル・ムアコックのエルリック・サーガと関係してるんじゃないかと言われているのは「嵐の使者」ことストームブリンガー。それとはまったく関係なく、きょうは首都圏で突然の嵐がありました。いきなりの雷にサンダーストラック、そして激しい雨ズ・ゴナ・フォール。

 予報にもなかった突然の雷雨にびっくりしたのですが、なんとかこういうのを予測できる方法はないものでしょうか?

 Webサイトや携帯のサービスはいろいろありますよね。詳しくは下のBiz.ID特集をどうぞ。わたしは個人的には東京アメッシュを愛用しています。

 というわけで、今回ご紹介するのは「ハードウェア雷ディテクター」であります。

 OhGizmo!に紹介されていたStrikeAlertという製品は、Outdoors Technologiesという会社が販売しているてのひらサイズのデバイス。

 40マイル(60km)先の雷を検知し、LEDとサウンドで警告してくれます。20〜40マイル、6〜12マイル、6マイル未満といった違いがわかるようになっていて、安全なところに避難するだけの余裕が持てるかもしれません。

 2本の単四乾電池で100時間の使用が可能。価格は78.99ドル。ググってみたら、日本でも売ってました。1万2000円。ここに詳しい説明が出ています。登山家には常識的なアイテムみたいですね。

 雷ダイキライなカミサンへのプレゼントにするか、自分で購入して、自転車通勤の友にするかなあ。

関連記事:

ITmedia Biz.ID:雨が降る時だけメールで通知を受け取る
ITmedia Biz.ID:「傘を買うべきか買わざるべきか」降り続ける雨のやみ時を判断する
ITmedia Biz.ID:もっとシンプルに雨が降る日だけメールで通知を受け取る

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する