オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

スピード違反を誘発する音楽

»

 アメリカのPlisskenというシンガーソングライターの曲“Let's Drive”というのがスピード違反を誘発するというので「問題」になっているらしいのです。アップビートなテンポにのって音楽を聴いていると、知らないうちに加速してしまい、パトカーから止められてしまうと。

 「グレートな曲よ。でも、知らないうちにスピードが出ちゃうんだよね」と違反切符を切られたカリフォルニアのコニー・メンデスさんは語っています。

 レコード会社のMorusa Recordsは、1年前にリリースした、このCDのWebサイトに「Get on that open road and put the pedal to the metal!」というスローガンを掲げているので責任の一部があると考えているらしいです。

 「11の州のドライバーから苦情が来たので、罰金の一部を支払うことにした」とエイドリアン・マルティネス社長。今では「この曲のせいでスピード違反切符を切られましたか?」というリンクを掲載しています。

 サイトで曲の一部が聴けますが、ダイアー・ストレイツっぽいギター。ボーカルまで聴くことはできません。このインディーズレーベルで売る前は、MySpaceで売ろうとしていたらしいですが、曲自体を見つけることはできませんでした。Amazonでも売ってない。

 このMorusa Records、ほかのアーティストはいるんだかいないんだか。DogCatRadioというネットラジオをやっているらしく、あやしさ万点です。12.99ドルで、eBay経由で買えるそうなんですが、その勇気は出てきません。

Comment(2)

コメント

つるたです。
似て非なるお話ですが、外国暮しの長い友人が、「アメリカでZZトップやKISS、さらにはウェストコーストメタルなんかのような音楽が売れる理由としては、単調なハイウェーで運転が挙げられる」といっていました。
確かに聴いている音楽が運転に与える影響もありますし、運転する環境が音楽の流行を決めることもあるのかなと思います。
ちなみにプログレやブリティッシュ系の音楽がアメリカではやりにくいことも、理解できるような気がします。

昔ディスカバリー・チャネルでも蟻にハードロックを聴かすと作業効率があがるという実験結果を流していましたが、紹介されている曲をオフィスで聴いたら、仕事がはかどりますかね?

koya

たしかに! 仕事で使ったらスピードアップするかもですね(笑)
しかし、アリにハードロックで効率アップとは、これも驚きです。

コメントを投稿する