オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

アル・ヤンコビックが訴える「違法ダウンロードはやめよう」

»

 ITmediaでも取り上げられるようになったアル・ヤンコビックの新作「Don't Download This Song」は、「We Are the World」を思わせる壮大なスケールを持った名曲です。MySpaceのサイトで公開されているので、ぜひ聴いてみてください。

 もちろん、賛同するアーティストが大挙して参加したチャリティー……ということではなく、アルが1人で歌ってます。

 その歌詞もすばらしい。


ときどき、国際著作権法を破りたくなることがあるよね
MorpheusとかGrokster、LimeWire、KaZaAなんかの
ファイル共有サイトからMP3をダウンロードして
でも、心の奥底ではそれが罪だと知っている
その恥辱は永遠に傷跡として残る
なぜかって、音楽を盗み始めれば、次は酒屋で盗みを働くから
クラックを売って、子供を車で轢いたりするようになるから

だから、この曲はダウンロードしないで
君が住んでいるその街のレコード店で
CDを買わなきゃいけないのは分かってるだろう
ああ、これをダウンロードしないでくれ

 といいながら、この曲は無料ダウンロード可能。このあとの歌詞も「おばあちゃんでも7歳の女の子でもCD-Rに焼いたらRIAAに訴えられるぞ」「CD買わなきゃ地獄に落ちるぞ」と、占い師も真っ青の脅し文句が満載です。

Comment(4)

コメント

himat

合法ダウンロードなら構わんぞ、まで入ってたら最高なのに。

>おばあちゃんでも7歳の女の子でもCD-Rに焼いたらRIAAに訴えられるぞ
RIAAは実際にやったんで、脅しじゃないですねw
おばあちゃんの方は結構記事が残ってます。

RIAAが人まちがい?-ファイル交換訴訟で初の取り下げ - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20061096,00.htm

引用:「同協会は24日(米国時間)、Sarah Wardというボストン在住の老婦人を相手取った訴訟を取り下げたことを認めた。この女性は、容疑をかけられているファイル交換行為には関与できるはずがないと主張している。また、この女性はMacintoshユーザーだが、彼女が使ったとされるファイル交換ソフトKazaaにはMac版がないと、この女性と話をした弁護士は語った。」

akiko

この歌のサイコーなところはこういうとこです↓

「ダウンロードしないで。ラーズ・ウーリッヒ(メタリカ)でさえ悪いことと分かっているよ。」
「ダウンロードしないで。トミー・チョン(コメディ俳優)みたいにムショ行きになるよ。トミーをおぼえてるかい?」
「僕のようなアーティストからお金を奪わないでくれ。
2台目の純金ハンビー(車)やダイヤを敷き詰めたプールをどう維持しろと言うんだ。
これらは自然に生えてくるように簡単に手に入るものじゃない。だからお願い、ダウンロードしないで。」

最後のフェイドアウト直後↓
「ダウンロードしないで。そのうち地獄に落ちるよ。(とにかく買え!このケチ野郎!」

koya

ワハハ! akikoさん、サイコーです。たしかに。メタリカの反ダウンロード姿勢は強硬でしたからね。

コメントを投稿する