オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「あおぞら銀行」の英断とBoot Camp

»

 産經新聞によれば、あおぞら銀行がPC端末をMacに入れ替えるそうです(詳細記事)。おそらくWinny問題をはじめとするセキュリティ系を考えてのことだと思うのですが、これがIntel Macであれば、セキュリティについて心配する人もでてくるでしょう。

 2500台にはテレビ会議用にカメラシステムを搭載するということなので、おそらくiSight。ということは、iMacということでしょうか。これがIntel iMacかどうかというのは非常に気になります。

 当然、Winnyのインストールはすべての銀行で禁止されていると思いますが、それにつながるBoot CampやらParallels Workstationも禁止されることになるのでしょうか。この件についての、導入担当者のコメントと対応策もぜひ聞いておきたいですね。

 デュアルブートとセキュリティの関係については、eWEEKのコラムを翻訳していますので、ぜひお読みいただければと思います>関係者さま。

Boot CampがMac OS Xにもたらす「デュアルブート異種間感染」

追記:詳しく取材されたロイター記事の翻訳を掲載しました。ぜひご覧ください。
Mac乗り換えであおぞら銀行にハロー効果?

Comment(4)

コメント

koya

forestkさん、情報ありがとうございます。まだPowerPCベースのときに動いていたプロジェクトなんですね。これならばWindowsを動かされる心配はしなくてすみそうです。Boot Campをサーバでどう扱うかはLeopard Serverで初めて明らかになると思いますが、そこでNetBoot Campとかが出てきちゃうと、企業への導入が加速するかもしれませんね。仮想化サーバも、何がしか動きがあるといううわさがありますし。

KATANA298

NetBootで起動させるということは、HDDを内臓しないiMacを導入すると思います。
したがって、Boot Campをインストールし、Windowsを起動することは不可能です。
多分、自分で自由にソフトをインストールすることも不可能になると思われます。
つまり、用意されたアプリのみ使用でき、保存はその関連ドキュメントのみ、自分の保存エリアに保存できるという仕組みです。
筆者の方が、どのような意図で原稿を執筆されたかは判りませんが、少し調べれば判る内容を記載するのは、記者として疑問に思います。

koya

ディスクレスなのかどうかはこのソースだけではまだわからないです。これがIntelベースなのか、PowerPCベースなのかも正式発表があるまで不明。NetBootのみなら、東大の例などを見ても、ディスクレスの可能性が高いとは思いますが。くわしいところは、アップルの事例として取り上げられたときに判明するのではないでしょうか。

コメントを投稿する