オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ティム・クックもシュミットもザックも参加するAllen & Companyの年次国際会議とは

»

今朝は、Googleのシュミット会長が未発表の「Moto X」を使ってるみたいです、というゴシップ記事(土曜日だからいいかなと思って)を掲載したんですが、ここではシュミットさんが目撃された年次国際会議って何? という話を。

「Allen & Company Sun Valley Conference」という国際会議なんですけど、文字通り、米投資会社のAllen & Companyがスキーリゾートのアイダホ州サンバレーで開催する年次会議です。今年で31回目という伝統あるイベントですが、厳選された世界のえぐぜくちぶだけ(といっても100人以上)が参加できるものなので、その内容は世間にはあまり知られていません。

今年もメンバーは豪華です。ルパート・マードックなどのメディア業界の要人やウォーレン・バフェットのような経済界の大物、映画監督、政治家、そしてもちろんIT業界の偉い人たち。

IT企業からは、Appleのティム・クックCEO、Googleのエリック・シュミット会長とラリー・ペイジCEOとサーゲイ・ブリン、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO、シェリル・サンドバーグCOO(とそのだんな。珍しいので下に写真を。Denverpostからお借りしてきました)、Microsoftのビル・ゲイツ会長、Amazonのジェフ・ベゾスCEO(とその奥さん)、Twitterのディック・コストロCEO、Squareのジャック・ドーシーCEO、HPのメグ・ホイットマンCEO(とそのだんな)、ソニーの平井一夫社長、Samsung Electronicsのジェイ・リー(季在鎔)社長などなど。ゴシップメディアのVarietyが招待リストを掲載(PDF)してるので興味のある方はどうぞ。

Cheril

米Yahoo!のマリッサ・メイヤーCEOが参加者リストにないことが大騒ぎになるくらい、このイベントに呼ばれるのは一種のステータスになっています。

同じような偉い人会議としては、世界国際フォーラムがスイスのリゾート地で開催する「ダボス会議」がありますが、サンバレーの方は1企業が主催する、もっとフランクなもの。1週間パネルディスカッションしたりフィッシングや乗馬、ゴルフを楽しんだりして親交を深めるそうです。

あるセッションでシュミットさんが「最近はAppleともうまくやってる」と語ったそうです。でもそのセッションにはクックさんは参加していなかったそうな(その時間にコーヒー片手に散歩しているところが目撃されてる)。

会場のサンバレーは山奥にあるので、最寄りのフリードマンメモリアル空港に世界の偉い人たちが自家用ジェットで乗りつけるんだそうです。すげー。パパラッチも来られず、認められたジャーナリストとカメラマンだけが取材を許されます。

Allen & Companyがこういう場をつくることで、普通ならゆっくり話をする機会のない偉い人同士のネットワークができて、(その場で仕事しちゃいけないみたいですが)新たな事業が生まれたりしているのかもしれません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する