オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

「HPウェイ」と「デルの革命」

»

「HPウェイ」は1995年に、「デルの革命」は1999年に(原書が)出版された、いずれも創業者が書いた本です。既に絶版(HPウェイは月と海社から増補版が出ています)ですが、出版当時は2冊ともベストセラーになりました。

Dell

Dellが株式を非公開化したのがちょっと感慨深く、本棚の奥から引っ張りだしてきました。

HPもDellも90年代~00年代、PCの興隆とともに栄華を誇り、現在は2社とも業績不振に悩んでいます。

1984年(AppleがMacを発売した年)に1000ドルの元手で会社を立ち上げたデル青年も、もうすぐ48歳。これまで幾つもの危機を乗り越えて来ましたが、タブレット市場参入の失敗は結構大きかったかもしれません。

HPも買収したwebOSを生かしきれず、モバイルへの移行がうまくいかずに今日に至っています。

iPhoneとそれに続くiPadでMacからのシフトに成功したAppleと対照的です。

非公開企業に戻ることで、創業者のマイケル・デルはかつてのように意思決定がしやすくなるわけですが、つまりDellの命運はデルさんにかかっているということです。

ヒューレットさんとパッカードさん作り上げた「HPウェイ」は業界の尊敬を集めていましたから、HPが「Dellの顧客が代替製品を探すことになるだろうから、HPはこの機会を最大限に利用する計画だ」という声明文を出したのにはちょっとがっかりしました。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する