オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Facebookアプリを削除してもユーザーデータは削除されない

»

って知ってました? 私は今日記事を書くためにFacebookのデータポリシー改定案を読んで、知りました。日本語のデータポリシーには以下のように書いてあります。

インストールしたアプリは、以下のアプリ設定を使用して、いつでも削除することができます。https://www.facebook.com/settings/?tab=applications。その場合でも、ユーザーが情報を共有している他の人がアプリを利用している限り、アプリはユーザーの情報にアクセスできる場合があります。アプリを削除して、すでに共有した情報の削除を希望する場合には、アプリに連絡し、削除を求める必要があります。

つまり、例えばスパム疑惑のあるお誕生日を祝うアプリなどが友達からのお勧めとして回ってきたのを「この人が使ってるなら大丈夫だろう」と気軽に承認した場合、うわさを聞いて後からアプリを削除しても、自分の友達データを含む個人データは開発者にしっかりつかまれている、ということになります。

ちゃんとデータポリシーに書いてあることです。

後悔しないように、一度は目を通しておいた方がいいです。分かりにくいですが。

Facebookはデータポリシーを改定する際、ユーザーに文句がないかどうか投票してもらうということをこれまでに2回やりました(案の定関心が薄く、効力を持つほどの票数は集まりませんでした)。

でも、今回の改定で、その制度がなくなります。ユーザーが離れてしまったら商売になりませんから、それほどひどい改定はしないとは思いますが、こういう民意というか、ユーザー意(?)を伝える手段が1つ減るのはなんだかちょっと怖い気も。

自分の好みに合った情報やギフトを得るためには自分の好みを晒すのが早いし、広告主が個人情報を使ってターゲティングすることは悪いことじゃないと思います。でも私はなんだか気持ち悪いので、今後も極力個人情報は晒さないようにしていくつもりです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する