オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

偽スティーブ・ジョブズ、編集長になる

»

フェイク・スティーブ・ジョブズ、覚えてますか?

The Secret Diary of Steve Jobsという個人ブログで愛のあるジョブズのパロディー日記を公開していた人です。ジョブズ本人にも認められたこの人の正体は、Forbesの後、NewsWeekで活躍したIT系記者、ダン・ライアンズでした。

NewsWeekといえば、最近デジタルに完全移行することになって(個人的に)残念だーと思ったところです。その件とは関係ないかもしれませんが、ライアンズさんはNewsWeekを抜けて、新生ReadWriteの編集長になりました。

ReadWriteは、この部ログでも引用していたメディアブログのReadWriteWebが改名したものです。

夏前だったかにSay Mediaという非IT系オンラインメディア企業に買収されてから、あまりいい記事が出てこなくなって残念に思っていたのですが、案の定創業者で編集長のリチャード・マクマナスは次に進むために(期待してます)出て行きました。

新生ReadWriteはイマドキっぽく、デザインとUIはタブレットを第一に考えたものになっていて、内容は従来よりソーシャルっぽくなるようです。

ライアンズさんのコラムは気がきいていて分かりやすいので、ReadWriteがまた面白くなるといいなぁ。本人は「偽ジョブズのキャラクターをReadWriteで出すことはないけど、率直で不遜な精神は反映させるかも」と言ってます。

それにしても、しばらく見ないうちに随分老けちゃったなぁ。(上がブログとかGoogle+で使っている写真で、下が今回編集長になった意気込みを語る動画から持ってきた画像)。

Dan1
Dan2
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する