オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

在宅仕事の敵、ネットワークトラブルと闘う

»

在宅仕事はお気楽ですが、時には心細いこともあります。機械オンチの私にとって、怖いのはPCやネットワークのトラブル。何かあっても、誰も助けてくれません。

なので安全策として、ネット接続手段は2種類(フレッツ光とJ:COM NET)+それぞれの無線ルータ(+予備ルータ1台)、ノートPCはほぼ同じ環境のを2台(いざというときはMac miniとかiPadでも原稿書くところまではできる)、USB無線LANアダプタ(ノートPCの内蔵無線LANが壊れたとき用)、マウス多数、LANケーブル数本、という体制にしています。

冬は家の中で暖かい場所を求めてノマドになっているんですが、ある日、3本目の記事を書いている途中で移動し、メインマシンのLenovo X200をおこたの上にぽこっと置いた拍子に無線LANの接続が切れました。

う。

午前9時ごろで、その日に掲載したい記事があと3本くらいあったので、お休みにするわけにもいかず、原因究明開始。

家にある他のマシンを見ると、無線は生きている。
デバイスマネージャで内蔵無線アダプタを確認すると、こっちも元気みたいだ。

とりあえず、原因不明という結論。時間がもったいないので、その日は1日LANケーブルをつないでしのぎました。

その夜、帰宅しただんな(=私設サポートセンター)に相談したら、しばらくLenovoくんを眺め回して「はい、直ったよ」と。なんとー。ハード的に無線をオン/オフするスイッチが付いてるんですね。これがなんかの拍子にオフになったのでした。そんなスイッチがあるのも知らなかった。今度からはまず、ここをチェックしまーす。

Switch

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する