オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ジョブズがPalmのコリガンCEOに「技術者のとりっこはなしに」と

»

 2007年にAppleのジョブズCEOがPalmのエド・コリガンCEO(当時)に対し、「お互いの社員をひっこぬきあうのはなしにしよう」と提案し、断られたという話をブルームバーグがすっぱぬきました。“according to their communications”と書いてあるんですが、録音なんだか紙なんだかどういう経路で入手した情報なんだか、謎につつまれておりますがありそうな話ではあります。“情報筋”によると、米司法省が両社の雇用に関して調査中とのこと。

 Windows PhoneやBlackBerryは眼中にない感じのジョブズがこれだけPalmを警戒しているというのは、ルービンシュタインをそれだけ評価しているということなんでしょう。

 そのcommunicationsは、“iPodの父”ジョン・ルービンシュタイン(現在はPalmのCEO)がPalmに移った、AppleがiPhoneを発表する2カ月前に行われたということです。ジョブズはコリガンにルービンシュタインがAppleの社員をリクルートしていることを心配しており、「われわれはこれを阻止するためにできるだけのことをする」と言ったということになっています(ブルームバーグが入手したcommunicationsにはジョブズの申し出の詳細は含まれていないそうです)。ルービンシュタインはカリスマなので、ジョブズが心配するのも無理はありません(実際その後Apple→Palmは多数あったし。でもそれまでもあったし)。

 コリガンはこれに対し、「個人の希望を無視してお互いの従業員を採用しない協定を結ぼうというあなたの申し出は、正しくないだけでなく違法です」とcommunicationsで言ったそうです。特許違反で提訴されたり圧力をかけられたりするだろうということを覚悟の上でのお断りだったんでしょう。コリガンらしいです。

関連リンク
おつかれさまでした、エド
Appleに逆襲:Palm、webOS 1.1アップデートでiTunesシンクを復活
Apple、iTunesのアップデートでPalm Preを締め出し

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する