オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Firefox 3.1は延期

»

 世の中Google Chromeで盛り上がっていますが、その一方でFirefox 3.1のスケジュールは遅れているようです。

 3.1β1は8月リリースと言われていましたが、8月末のmozilla.dev.planningへの投稿によると、β1のコードフリーズは9月30日。β2のコードフリーズ予定は10月28日だそうです。

 Chrome登場でFirefoxのライバルが増えたことになりますが、GoogleとMozilla Corporationが検索広告で契約していることもあり、ちょっと関係が複雑です。競争相手にはなるけれど、Mozilla Corporationの売上高の90%以上はGoogleとの提携によるわけですから。

 そういえば、Thunderbirdのスピンオフ計画が明らかになったときには、「GmailとThunderbirdが競合しないよう、Googleが圧力をかけたのではないか」といううわさも流れました。今回もまた、そういった陰謀論的なうわさが流れるかもしれません。

 以上、広瀬でした。

関連リンク
Google Chromeを使ってみた――「かくあるべき」ブラウザの姿
「Googleの全ビジネスはブラウザから始まる」――「Chrome」開発の理由

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する