オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

テレビのお供はカウチポテトからネットへ?

»

 最近の若者の間ではテレビのお供がインターネットになってきているようです。Ars Technicaによると、9~17歳を対象にしたGrunwald Associatesの調査では、64%がテレビを見ながらネットにアクセスしていることが示されたそうです。

 そのうち42%はテレビとネットに同じくらい注意を向けていて、47%はネットの方に注意を向けているとのこと。45%はテレビを見ながらメールやSNS、IMで友人と連絡を取っていて、33%は見ている番組と連動したネットコンテンツを利用しています。テレビがネットに視聴者を奪われているという声もありますが、うまいことテレビとネットを連動させることができれば、テレビ局はネットを味方に付けられるのではないでしょうか。

 以上、広瀬でした。

関連リンク
ネットユーザーのネット利用時間、テレビ視聴時間の2倍――米調査
ネット利用時間、「1日6時間以上」でテレビを上回る――IBM調査

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する