オルタナティブ・ブログ > Bursting head >

技術マーケティングのヤクザな日常

ソフトウェア開発工程の統合

»

eclipse Foundationでアプリケーションライフサイクル連携を支援するフレームワークのプロジェクトが正式に立ち上がりました。
http://www.eclipse.org/alf/
これで構成管理、モデリング、プログラミング、障害管理などなどの開発工程で利用されるツールのデータ交換などがスムーズに行われる基盤ができるわけです。
実はうちでもソフトウェア開発情報の統合リポジトリみたいなものを作ってまして、色々なツールをリポジトリ中心でつなぐようなものをと考えています。(ここいらへんまではIRで既に出しているので問題なしと・・)詳細はもうちょっとしたら発表しますのでお楽しみに。

ソフトウェア開発も一つの業務なんですが、業務の連携とかそういったものも見直す必要がありそうです。Microsoft,IBM,Borlandなんかはまさにそこを狙ってて全工程をカバーするALM(Application Lifecycle Manamgemtn)ツールを出荷しつつありますよね。基本的にはスイート製品を提供って感じですが。

ここいらへんが盛り上がってくるとEAIの次のねたってことでDPIなんて言葉は流行らないですかね。 Development Process Integration みたいな感じで。一応私が言いだしっぺ? ・・ :-)

Comment(1)

コメント

平鍋

DPI,いいっすね。

コメントを投稿する