オルタナティブ・ブログ > Allegro Barbaro >

開発ツールビジネスの再生に格闘。マーケティングの視点で解説

夏は営業もキャンプ、といっても研修センター

»

暑い日々が続いていますね。エンバカデロのオフィスの窓際近辺は空調の効きも悪く、かといって猛烈にエアコンをかけるわけにもいかないので、うだっています。

秋に向けてデベロッパーキャンプなど、イベントをはじめとする活動が控えており、8月は仕込みの時期ですが、中だるみをしないよう、また、この時期にみっちりと腰を据えていろいろやってみよう、と、セールスキャンプを企画しました。

といっても、キャンプ場に行くわけではなく、いわゆる研修センターで合宿です。ちょうど、オーストラリアよりAPACディレクターのマルコム・グローブスも来日しているので、今週金曜日の午後から土曜日にかけて、泊りの研修を行います。

じっくり腰を据えるには、環境を変えるというのも大事ですし、逃げ場がないというのも重要です。金曜日は夜までみっちりスケジュールが入っています。

ちなみに会場は、以前合宿形式のデベロッパーキャンプを開催した、船橋にある宿泊施設付き研修センターです。通常、イベント会場で探すと引っかかってこないのですが、宿泊可能な会議施設で見ていくと見つけられます。

大・中・小の会議室のほか、100人以上収容できる講堂もあって便利です。

ということで、金曜日午後から研修のため休業なのですが、これと夏期休業用の留守電BGMを用意してみました。夏期休業直前に実施するサマーコンサートで演奏するフランクの交響曲より。渋めの2楽章からの抜粋です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する