オルタナティブ・ブログ > Allegro Barbaro >

開発ツールビジネスの再生に格闘。マーケティングの視点で解説

2月14日はバレンタイン...いや、Delphiの誕生日

»

昨日2月14日は、ボーランドによって開発され、現在ではエンバカデロ・テクノロジーズによって進化を続けているDelphiの誕生日にあたります。今から15年前、Delphiの最初のバージョンが米国でリリースされたのです。当時は、世界同時リリースなんて概念はありませんでしたから、時差を考えると2月15日なのでしょうか。

まだ16bit Windows向けだった最初のバージョンですが、その当時から衝撃をもって市場に受け入れられました(自分は、そのときはまだC/C++プログラマーで、「Delphi」という名前は聞こえていたぐらいでしたけど)。

Delphi_video

発表時のデモやキャンペーンビデオなどは、5年前の10周年のときに公開されています。

あれから15年、Delphiは、実質的にWindowsテクノロジーとデータベースアプリケーションのアーキテクチャの変化の中で、過去の資産を維持しながら進化してきたと思います。過去を捨てて新しいものを作るのはある意味容易ですが、過去を維持しながら、というのは、特にITの世界では難しいところがあります。

その点で、Delphiは、自身の進化に苦労してきた時期がありますが、ここ数年、Delphiらしさとは何かを改めて問い直し、原点に返った開発を行ってきていることで、再び進化の軌道に乗り始めた感があります。

例えば、最新バージョンのDelphi 2010では、タッチ/ジェスチャーサポートを採り入れました。これは、従来のコンポーネントにタッチ/ジェスチャーサポートを追加するもので、新バージョンでは、従来アプリケーションに対しても、簡単に「コンポーネントのビジュアル操作で」ジェスチャー対応のユーザーインターフェイスを加えることができるのです。これなんかは、既存の資産の上にうまく新しいテクノロジーを実装してみせている例だと思います(百聞は一見に如かず。こちらのビデオをぜひご覧ください)。

さて、ツールで15歳というと、かなりの年齢になるわけで、若いツールに比べると、ワクワク感が足りないのでは?という印象があるかもしれません。でも、使ってすぐに動かせるこの感覚はやっぱり楽しいですよ。

ちなみに、自分が最初に作ったちゃんとしたDelphiのプログラムは、数字合わせゲームでした。4x4のマス目で、1から15の数字をそろえていくアレです。会社に入っていきなり「Delphi担当!」といわれて、それまでDelphiなんて触ったこともなくあわてたのですが、これまでになく簡単に習得できるツールで、数日後にはそんなゲームプログラムを作ることができたのでした。

ということで、プログラミングは楽しくなければ、の原点にあるツールではないかと思います。

Comment(7)

コメント

はじめまして
15年ですねーDelphiコーディングスタイルが一般うけしないのであまりどの企業も使われていないようですが
これだけ続けれる良い言語だと思います

array

安くなればねえ、楽しいアマプログラミングツールなんですが。
自分はDelphiは出たときから使っているので(無理矢理Delphi3を会社に買わせたこともある)使い続けたいし、息子がプログラミングに興味を持っているので使わせたいんですが、値段が(^_^;Studioにしようとするからいけないのかな?

某とおりすがり

ひゃっほー!

もうりさん、コメントありがとうございます。
Delphi現役のシステムや新たに構築されたシステムというのも結構あります。エンバカデロになって落ち着いてきたところで、こうした広報活動にも力を入れていきたいと思います。

arrayさん、コメントありがとうございます。
お子様のプログラミングであれば、アカデミック版でいかがでしょう?

satok

こんにちわ。Speed is Delphi.
これ見てしびれた一人です。もうちょっと長いのを見た記憶があります。これを見てDelphi2を買いました。もともとデータベースを使いたかったのでDelphi3でDevelop版?にアップした記憶があります。これからもDelphiをよろしくお願いします。

Speed is Delphi.....More......

コメントを投稿する