オルタナティブ・ブログ > Allegro Barbaro >

開発ツールビジネスの再生に格闘。マーケティングの視点で解説

Tiburonプレビュービデオ公開、毎週更新ですから…

»

Delphi / C++Builderの次期バージョン コードネーム「Tiburon」の開発が佳境に入っています。元々、ロードマップで今四半期(7月~9月期)にリリースすると発表していましたから、まあ、予定通りということでしょうか。

ボーランド時代は、あまり情報の先行公開を行ってきませんでしたが、今では、確定した情報はどんどん公開して見ていただこうという方針に変わってきています。Tiburonについても、早々と製品名を(別に大した情報じゃないんですけど)「Delphi 2009」「C++Builder 2009」と公開し、その主要機能についても、ブログなどでお知らせしてきました。もっとも、このブログというのは翻訳という点では扱いにくく、ネイティブが口語調で技術情報を語ったりすると、翻訳は大変です。

今回、こういった小出し情報を、ビデオというかたちでまとめて配信することになりました。実際の操作があれば理解も容易で、新機能についてもイメージしやすいでしょう。第1弾は、各国語に翻訳して、本日より世界同時公開です。

ビデオは、David Iのやたらハイテンションなイントロで始まります。彼の部分は、字幕を入れましたが、画面操作の箇所は、文字を読みながら画面を見る、というのも大変なので、同時通訳風に音声をかぶせてあります。

ビデオソースは、Camtasiaのプロジェクトファイルで送られてきます。これを日本用に編集するのですが、元の製作がスケジュールどおりに行かないので、翻訳版製作のための時間が限られてきます。これから毎週新しいビデオを公開するそうなんですが、「撮りだめしておいてよ~」と願うこの頃です。

Comment(4)

コメント

C++が好き

ビデオ見ました。C++Builderなかなか期待出来そうな内容になっていますね。ただ、David Iの前フリ、まとめがちょっと長いかなと思います。(笑)

hifujii

C++が好きさん、
コメントありがとうございます。

> David Iの前フリ、まとめがちょっと長いかな

そうなんですよね、フラッシュのかなりの容量、彼の部分で食ってますし。次のビデオでは、もう少し彼の部分のビデオ容量を減らす工夫をしてみます。

本人にもなるべく短めにね、と言っておきます。

C++が好き

>本人にもなるべく短めにね、と言っておきます。
1分以内に納めようとしているのかな。短くなって見やすくなりました。
ありがとうございます。

hifujii

画像もあんまり鮮明なDavidの顔みてもしょうがないかな、と割り切ってJPEG圧縮をかけてます。Davidによると、FLVにしたほうが効率がよいとのことですが、なぜか自分のCamtasiaにはFLV出力オプションがなく、普通のSWFで作成しています。これは要調査です。

Davidからは、その後、ビデオ部分のカンペを送ってもらえるようになって、字幕部分の翻訳は楽になったのですが、向こうも製作がだいぶ押しているみたいで、公開の前日遅くに完成版のソースを送ってきたりして、いつ翻訳するんだい、みたいな状況です。でも、ナルハヤ公開しますので、引き続きよろしくお願いします。

ところで、最後まで翻訳し終わったところで、Davidがニコニコして「次のビデオもあるよ」というと、がくっと疲れが出ます(笑)。

コメントを投稿する