オルタナティブ・ブログ > Allegro Barbaro >

開発ツールビジネスの再生に格闘。マーケティングの視点で解説

オフィスで足裏健康法

»

一日中冷房のきいたオフィスでデスクワーク。身体中がコチコチに凝り固まってしまいますね。軽い運動やストレッチもさることながら、足の刺激も目、肩、腰によく効きます。

じっとしていると血液の流れが悪くなり、その結果、肩がコったり、頭痛がしたり、という症状が表れてくるものです。足裏には、身体の各部位の反射区があって、例えば、親指の下の土踏まずの上のあたり(へこんでくる直前)をぐーっと押すと、胃に効いたりします(二日酔いのときは、このへんと外側の肝臓を...)。

デスクの足元に、足裏健康グッズをしのばせている方も多いかと思いますが、この辺をこう押すと効く、というのを覚えておくともっと気持ちよくなれます。


このヒトデ、過去に購入した足裏モノの中で一番のオススメ。緑の部分がかなり硬いんですが、座って刺激するには丁度いい硬さ。微妙な角度も、側面を刺激するときなんかに役立ちます。

デスクワークで頭部を中心にお疲れのときは、足指の刺激がオススメです。親指の、手でいうとキーボードをタッチするあたりを刺激してやると、頭がスカッとしてきます。人差し指、中指は、目に効きます。肩は、指のしたの腹のあたり、手でいうと素振りでマメができるあたり、それから、骨があってちょっと注意が必要ですが、足の甲、小指側の側面も効きます。足の甲全体を、グーにした手でつま先から足首に向かってさすってやると、リンパ腺が刺激されて、むくんだ足なんかにも効きますよ。

最後に、腰ですが、軽度のものなら、かかとまわり全般の刺激が有効です。でも、腰痛はほんとに怖いですから、つらいときはぜひ専門家に。

あと、刺激は、点ではなく面で。指をつかって押すときも、一箇所を押し込むのではなく、擦り込むように指を押しながらすべらせるとよいです。足ツボ健康グッズなんかも、ただ踏んでいるだけでなく、足をすべらせるように擦り込むと「キク~ッ」を味わえます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する