オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

ついに Twitter 専用端末が登場

»

iPod ですらビデオ撮影機能、ラジオ受信機能などが付いて多機能化する時代に、それに逆行するような「Twitter 専用端末」が登場したとのことです:

The First Mobile Device Dedicated Exclusively To Twitter (Wall Street Journal)

ちょうどこの記事を書いているときに、ITmedia さんでも記事が出ていました:

Twitter専用端末「TwitterPeek」、99.99ドルで登場 (ITmedia News)

モバイル端末メーカーの米Peekは11月3日、Twitter専用のモバイル端末「TwitterPeek」を発売した。端末の価格は99.99ドルで、同社の全米を網羅する無線ネットワークの使用料が月額で7.95ドル。または無制限のTwitter使用料を含むLifetimeプランでは199.99ドル。

Peek_Twitter

"TwitterPeek"というのがその端末なのですが、名前からも分かるように、制作したのは"Peek"という企業。で、この名前で思い出す方もいらっしゃるかもしれませんが、以前こんな「メール専用端末」を発表している企業だったりします:

2つの最先端 (シロクマ日報)

筐体はこのメール専用端末"Peek"とほとんど変わりませんね。確かに外出先でも Twitter をチェックしたいというニーズはあるでしょうが、携帯電話やスマートフォンで十分ですし、それに優れた専用クライアントも数多く発表されているし……うーん、考えれば考えるほど"TwitterPeek"には分が悪いように感じます(ただし Wall Street Journal の記事を読むと、どうやら「Twitter 専用端末」の話を持ちかけたのは Twitter 社の方のようですが)。

Wall Street Journal の記事では、続けてこう解説されています。

Sarva expects the TwitterPeek to be popular among those who use Twitter to promote their business, likely equipping an employee with a dedicated device. He also sees it becoming popular among those who never enjoyed using Twitter from a PC platform. “They tried it and don’t get it, but once they go mobile they realize how fun it is,” Sarva said.

VentureWire has had a demo version of the TwitterPeek for two weeks and the tweeting machine delivers on all it promises. It’s a functional, dedicated device for the Twitter platform. However, it doesn’t necessarily offer a better experience than free Twitter clients available for smartphones like the iPhone.

Sarva(※Peek社の創業者)はビジネス向けに Twitter を活用している人々の間で TwitterPeek が人気を得るようになることを期待している。例えば従業員のために専用端末を与える、といったケースだ。また彼は、PC上で Twitter を楽しめなかった人々にも TwitterPeek が受け入れられるのではないかと期待している。「試してみたけどよく分からなかった、そんな人々でも、モバイルで使ってみれば楽しさが分かるのではないでしょうか」と Sarva は言う。

VentureWire はデモ用の端末を1台手に入れ、2週間使用してみた。TwitterPeek は機能的で、Twitter のプラットフォームに特化されているが、必ずしも iPhone 専用クライアントのような無料 Twitter クライアントよりも優れた使い心地を提供するものではなかった。

とのこと。やはり少し特殊な条件や人々をターゲットにしているようですね。考えようによっては、Twitter 担当社員用の端末として会社が配布する、なんてことも考えられないことはありませんが……それでも特殊なケースであることには変わりないだろうなぁ。あとは何かの景品にして話題を集める、という使い方とか。

TwitterPeek

ただこのデザイン、個人的には嫌いではないです。特に Twitter のイメージにあわせた青のバージョンとか、なかなか素敵なような。流石に1万円近く出す気にはなりませんが、もう少し値下げすれば面白半分で購入する人も出てくるのでは?

【○年前の今日の記事】

バーチャル住所の時代 (2008年11月4日)
来年の手帳、買いましたか? (2007年11月4日)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する