オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

マナー違反と言う前に

»

昨日、6月29日(日)付けの朝日新聞「天声人語」欄に、ちょっと引っかかる内容がありました。クラシックコンサートにおける、いわゆる「フライング拍手」の問題についてです:

演奏後の拍手はときに、クラシックコンサートの味わいを左右する。まだ音が残っているのに手を打ったり、掛け声を飛ばしたり。これをされると余韻は消し飛ぶ。以前から言われているのに、この手の「フライング拍手」は相変わらず多いようだ。

(中略)

最後の音が消えたあとの静寂は演奏の一部なのだろう。「徐々に、次第に夜が明けていくように始まる拍手は感動的」だと、オーボエ奏者の茂木大輔さんは近著の『拍手のルール』で言う。そして、静寂を壊すフライングには「傍若無人」と手きびしい。

という引用があり、最後には「マナーを心がけよう」という呼びかけで終わります。

確かにクラシック音楽のコンサートでは、(少なくとも現代において主流になっているのは)演奏中は静寂を守るのがルールになっています。ロックの野外フェスのように、アーティストと観客が一体となって盛り上がるという類のものではありません。他の観客、そして奏者のために音を立てないように気をつけること。それはマナーとして配慮されるべきだと思います。

しかしマナーについて、頭から厳しく非難するのもどうでしょうか?クラシックファンの方には申し訳ありませんが、僕のようにたまにしか会場に足を運ばない者から言わせていただくと、クラシックコンサートは非常に緊張する場所です。途中でセキをしそうになったらどうしよう、具合が悪くなったらどうしよう、足を組み替えるときに席が軋んだらどうしよう。そしてフライング拍手に関して言えば、どのタイミングで拍手をすれば、いわゆる「クラオタ(クラシックオタクの意味です――失礼)」の方々にお許しをいただけるのだろう、等々。そんなの気にしなければ、と言われてしまうかもしれませんが、終了後に「隣の席のヤツがさぁ!」ともの凄い剣幕で怒っていらっしゃる方を見かけることがあるので、なかなか怖いのです。その結果、「なんだか殺伐としてるし、チケット代もバカにならないし、わざわざコンサートに行かなくてもいっか」となります。

ご存知の通り、マンガ『のだめカンタービレ』などの影響で、近年クラシックに再び注目が集まっていると言われます。新しくファンになった(と言うより「ファンになってくれそうな」)人々がコンサートに来ているのですから、マナー違反があって当然でしょう。誰も教えてくれないのに、いきなり「ふざけんな、マナーを守れ!」というのでは可哀想すぎます。せっかく市場が大きくなって、クラシック音楽がさらに盛り上がるチャンスをみすみす潰してしまうようなものではないでしょうか。

クラシック音楽に限らず、新参者が増えれば既存のルールは曖昧になります。市場は小さくていいと言うのなら、答えは簡単、彼らを追い出せば済む話です。しかし彼らと共に盛り上げていこうとするなら、何らかの形でルールを学ぶ機会を設けるべきではないでしょうか。もしくは反対に、新参者に歩み寄ってみても良いかもしれません――「ベルリン・フィルのピクニックコンサート」や、ラ・フォル・ジュルネの「ゼロ歳からのコンサート」のように、堅苦しいことを気にせず楽しめるクラシックコンサートといった方向性も生まれることでしょう。ルールを知らない相手でも、まずは非難ではなく理解から始めるべきではないかと思います。

Comment(10)

コメント

栗原潔

最近はクラのコンサートも全然行かなくなりましたが、少なくとも指揮者がまだ棒を下ろしてないのに拍手するのは明らかにまずいと思います。
あと、直接関係ないですがロック系のコンサートでアーティストがアンコール前に"Did you have enough? Do you wanna go home?"と叫んでいるのに"Yeah!"と答えた客はカッコ悪いと思います。

アキヒト

栗原さん、コメントありがとうございます。
仰る通り、明らかにまずいケースはあると思いますが、誰もが簡単に行けるものでもないので誤解している場合があると思うんですよね。主催者側も、(そうしているケースももちろんありますが)「拍手はこのタイミングでするものですよ」というのを教えてくれるパンフを手渡す、などの工夫をするべきかなと思います。

> "Did you have enough? Do you wanna go home?"と叫んでいるのに"Yeah!"と答えた

某外国人アーティストが「日本人はいつでも"Yeah!"と言うなー」とポロッと言っていたのを思いだしました(笑)

アロハ

マナーを押し付けられる窮屈さの元には、
マナーの元となった理屈を、
マナーを要求する側が巧く説明しないという
事情があるのではないかと思います。
「フライング拍手」に関して、
「マナーを心がけよう」では浅薄であり、「本質を理解しようとすれば、それは無いよね」
という指摘をすべきでしょうね。

「マナー」には多く場合、その成り立ちや必要性があるので、それを無視して、
頭ごなしに「マナー違反」を問題にする人や新聞は、
いかがなものかと思いますが。

ichiro

いくつか思いつくままにコメントさせてください。

フライングブラボー(拍手)をするのは初心者ではなくて、自己顕示の強い方です。初心者はおそらく怖くて自分から拍手を始めることはできないはずです。
この点では、朝日のコラムは事象と対象者がずれていますね。

趣味とはいえ一定の約束事は必要で、たとえば山に登るのに革靴やミニスカートで来るのは他の人への迷惑がかかるわけで、やはり事前に調べておくべきことで、「追い出す」とはちょっと違うような気がします。
5万円もするコンサートでおしゃべりなどされると殺意を感じます。
高級なレストランへTシャツへ行ったり、大声で話たりするのは初心者だからといって許される訳ではないですよね。

クラシックにもラフな演奏会はいろいろあります。昨日もDMが来てました。
http://www.tpo.or.jp/japanese/index.html
他のオケでも同じような企画はあります。
これだけでいいのかという話もありますが。

最後にアピールが足りないという点です。
のだめでクラシックに興味を持った人たちに上記のようなコンサートの存在をどのように知ってもらうかについてですね。これはクラシック界については長年の課題のようです。
この点についてはオルタナティブ・ブログを書いている方のほうがいいアイデアを出せるのではないでしょうか。
もっとものだめ後は、のだめで取り上げられた曲のコンサートはお客さんがかなり集まったようです。
個人的にはベートーヴェンの7番の実演を聴いてまた行きたいと思わない人はクラシックとは縁がない人でむりに引き込む必要もないと思います。

アキヒト

> アロハさん

コメントありがとうございます。
個人的な感覚で恐縮なのですが、クラシックのコンサートには「自己責任で理解してから来い」というような雰囲気を感じることがあります。その点が、アロハさんが「マナーを押し付けられる窮屈さ」と表現されたのと同じ部分かなと感じました。

もちろんマナーの悪さを放任するものではないですし、全ての観客が気持ちよく鑑賞するのが理想だと思います。しかし、問題解決を慣れない人の側に押しつけてしまうのもどうかと。せっかく楽しもうという人が増えているのだから、いままで楽しんでいた人が手を貸してあげても良いのでは?と感じた次第です。

> ichiro さん

コメントありがとうございます。
なるほど、自己顕示の強い方が問題になる場合もあるのですね。天声人語を読んで、「これは僕らのような初心者を非難しているのかな」と感じてしまったのですが、被害妄想だったかもしれません(ごめんなさい)。

なので話はずれてしまうかもしれませんが、初心者の参加という点で話を続けさせていただければ、「悪意はないけどマナーを破ってしまう人には手を貸そう」という意見と、「悪意はなくても最低限のマナーは分かるだろうから、そこは自己責任で守るべき」という意見の差かなと感じました。僕はクラシック素人なので、前者の意見に近いのですが、もちろん常識さえあれば分かるマナーはあると思います。しかし日常生活を続けているだけでは身につかない知識もありますから、その辺はクラシックコンサートに行き慣れている方々・主催者の方々に手を貸して欲しい、と思います。

> のだめでクラシックに興味を持った人たちに上記のようなコンサートの存在をどのように知ってもらうかについてですね。これはクラシック界については長年の課題のようです。

そうですね、これも個人的な感覚ですが、「初心者向けのカジュアルなイベント」と「本格的なコンサート」の間にある企画が見つけにくいように感じます。工夫次第では、自分のレベルやスタイルにあったコンサートに来てもらって、初心者を徐々にファンへと成長させることが可能かもしれません。以前『芸術の売り方』という本を読んだのですが、その中で海外のユニークな事例がいくつか取り上げられているので、ご興味があればご一読をお勧めします。

あくまで個人的な感覚ですが、本当の意味で「マナーの良い人」というのは、他人の「マナー違反を非難」したりはしないような気がします(笑)

私もコンサートで騒がしい人などには眉をひそめてしまうのですが、それは「マナーがなっていない」ことに怒りを覚えているのではなく、「自分が落ち着いて聴けない」ことにいらだっているのであり、それはあくまでも自分のために静かにして欲しいという感情だと考えるようにしています。(理性では・・・笑)

そこに「マナーの問題」を持ち出して、さも自分は関係ないかのような態度をとるというのは、すでにその時点でマナーを口にする資格がないような・・・。

最近はあまり聞かないですが、スノーボードが台頭してきた頃に、その「マナーの悪さ」がスキーヤー側で騒がれていたことがあります。

これも「マナー」というより「自分たちが滑りにくい」という感情の裏返しに過ぎないのですが、クラシックコンサートの「マナー」を口にする人たちというのも、似たようなものではないかと思います。

アキヒト

ProjectK さん、コメントありがとうございます。僕は観客の立場にしか立ったことがないので、演奏する側のご意見、参考になります。

スノーボードの例え、非常に状況を言い当てているように感じました。もちろん皆が楽しめる状況がベストであることには変わりありませんが、マナーという言葉を持ち出しつつ、自分たちが好きな状況を作り上げよう/異質な人々は排除しようという意図が隠れている場合もあると思います。純粋に「これまでファンだった人、新たにファンになった人、誰もが楽しめるようになるにはどうすべきか?」という発想で議論ができると良いのですが。

と書くと、「身勝手な人々を許すのか!?」と非難されてしまいそうな不安を感じるのですが……これも「マナー」という言葉が持つ魔力ですよね。

> マナーという言葉を持ち出しつつ、自分たちが好きな状況を作り上げよう/異質な人々は排除しようという意図が隠れている

まぁ実際には「意図する」ほど深い考えはなくて、単純に不快感に絹の衣を着せているだけだと思いますが・・・。

「マナー」や「モラル」ほど、他人を論じる際に空虚な言葉はないのだろうとは思いますね。
(自分を論じる分には良いですが。)

観客のマナーを論じる前に、我々の演奏を論じてくれ!というのが、演奏側の心の叫びです(笑)

余談ですが、先日お世話になった、普段は東欧(南の方?)で活躍されている指揮者の方が「日本の聴衆は静かに聴いているからすごい。あっちは演奏中でも客席のおしゃべりが絶えない。」と言っていました。お国柄というか、意外とそんなもんではないか、という気もします。

あかみ

手元にブーニンのショパンコンクールライブCDがあります。もちろん収録会場はポーランド(=ヨーロッパ)で、収録曲目はショパンの協奏曲第1番。

http://www.amazon.co.jp/%E8%A1%9D%E6%92%83%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%95/dp/B00005GV9Y

面白いことに、このCDではピアノソロのラストのパッセージが終わった瞬間(=まだ曲はちょっとだけ続きます)拍手の爆発が起きます。
ショパンコンクールですから、クラシック音楽としてはかなり高レベルに伝統的な空間と考えて良いでしょう。そこでも、演奏次第ではこんな現象が起きます。

ということで、マナーは決して「ルールブックのように絶対的なものではない」はずです。

アキヒト

> ProjectK さん

ご返信ありがとうございます。

> 観客のマナーを論じる前に、我々の演奏を論じてくれ!というのが、演奏側の心の叫びです(笑)

了解しました(笑)。マナーの悪さをいつまでも言い続けていても、せっかくのコンサートが台無しになるだけですしね。

> 余談ですが、先日お世話になった、普段は東欧(南の方?)で活躍されている指揮者の方が「日本の聴衆は静かに聴いているからすごい。あっちは演奏中でも客席のおしゃべりが絶えない。」と言っていました。

ちょっと話が逸れてしまいますが、例のイタリアの大聖堂落書き事件を思い出してしまいました。落書きは悪いことだとしても、その処罰が厳しくて、イタリア人が驚いてしまったという……。だからと言って落書きしても良い、という話ではありませんが、日本は比較的マナーに厳しい国なのでしょうね。

> あかみさん

コメントありがとうございます。おぉ、そんなコンサートもあるのですね。結局は、観客一人一人が良いコンサートにしようと心がけていれば良いのかな、と思います。そして他人の気分を害してしまったとしても、それが意図的でないのならば、許して見守ってくれるような空気になると良いのですが。

コメントを投稿する