オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

ラベルがなければ、専門家でも探せない

»

何だか「朝の3分間スピーチ」みたいなネタになってしまいますが。カナダの博物館で、こんな話があったそうです:

カナダの博物館、目当ての恐竜標本を所蔵品から発見 (Reuters)

こちらは日本語版の記事ですが、原文(カナダ版)のタイトルが洒落ています:

Canadian museum makes rare find -- in own building (Reuters.ca)
(カナダの美術館が、めったにない発見をした -- 自身のビルの中で)

トロントにあるロイヤル・オンタリオ博物館(Royal Ontario Museum)での話。12月15日から"Dinos Are Back"(恐竜が帰ってきた!)という展覧会を行う予定なのですが、大型恐竜の骨格標本を探していたところ、実は既に手に入れていたことが判明したそうです。

同博物館が(実は)所蔵していたのは、体長24メートルのバロザウルスの化石。1962年に購入したのですが、展示スペースがなかったためにバラバラにされて保管されていたそうです。しかし「これらの骨が1体の生物のものである」という表記がなかったため、そのまま忘れ去られてしまうことに。しかしたまたま古い文献に記述があったのを研究員が読み、事実が判明したとのこと。博物館では12月の展覧会に、この標本を展示することを計画中だそうです。

博物館と言えば、貴重な品々を集め、展示・研究するのが仕事。優秀な研究員も数多くいらっしゃるのでしょうから、何かを保管しておくなどというのは朝飯前のはずですが、こんなこともあるのですね。ラベルがなくても、実際の化石を研究すれば、同じ1体の恐竜の骨格であれば誰か気付きそうなものですが……(実際に化石を研究したことはありませんので、「そんな簡単じゃないんだよ!」というお叱りはどうかご勘弁下さい)。

しかしこの話、蓄積されたモノの中から「知識」を見つけるのが、いかに難しいかということを示しているのではないでしょうか。目の前にあるのが「キチンと保管されておくべき大事なモノ」であるということは分かっても、「これは○○恐竜の骨の一部だ」という一言が無かったために、40年以上もほったらかしにされてしまったわけですよね。これが普通の会社だったら、「何か古い資料があるけど、よく分からないから捨てちゃおっか」で廃棄されていたかもしれません。逆にロイヤル・オンタリオ美術館は「よく再発見した」と誉められても良いぐらいなのかも。

というわけで、適切なラベル付けがされていないために眠っている「貴重な化石」たちが、どんな会社・組織にもあるのかもしれません。御社は大丈夫ですか?

Comment(3)

コメント

国会図書館の話を聴いたことがありますが、実に多くの文献を、どのように保管すると良いのか、今後入って来るであろう図書はどのように保管するか、とても良く考えて設計していかれるようですね。
現代では少ないのでしょうが、60年代当時はこんなに保存すべきものが増えるとは想定していなかったのかも知れませんね。
とても興味深い情報です。

ookiさんがおっしゃる通り、増え続ける本の管理は、データ管理、場所確保、湿温管理などなど、、、本当に大変なことですよね。仕事で図書室の受付をすることがあるのですが、寄贈本やら購入本やらが日々所蔵本として増えています。増やす事(買う事)は容易ですが、データ管理となると、どうしたら良いのか正解が見つかりません。中には年に1回も読まない本もあるし、そんな本でも検索にヒットするようにキーワード入力をしてデータをとらないといけないし、、、。はーー。いっそのことバーコードみたいな物のなかに本のデータをすべて閉じ込めてしまって、「ピピ」とやるとデータがぜーーんぶ管理出来ちゃうようになりませんかねー。読みたい本のリクエストをお客様からいただいた時、検索にものすごく時間がかかってしまたり、最悪探し出せなかったり、所蔵物の管理がバッチリだったら、、、と涙してしまいます。やれやれ、長くなってしまった。ごめんね、ダーリン。

> ooki さん
コメントありがとうございます。
さすが、国会図書館は未来まで考えた設計がなされているのですね。しかしこれから何十年も先のことは正確に見通せないでしょうし、「知識」のスタイルというのも変化していくはず……そうすると、国会図書館でもこんな「発掘」が起きてもおかしくないのかもしれません。


> アキヒト妻さん
ご心境お察しします。図書の話を聞くたびに、専門家でも整理整頓&分類は大変なんだなーと思いますよ。仰る通り、文献の中身全てがデジタル化できてしまえば良いのですが……技術的・法律的な問題で、すぐにというわけにはいかなさそうです。Google さまに頑張ってもらいましょう。

コメントを投稿する