オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

求む、お孫さん連れでPCが買える店

»

週末、両親+自分&娘というメンバーで某家電量販店に行ってきました。これまで父が使っていたPCが古くなり、誤作動してしまうので、新しいPCを選ぶのをサポート(というより僕が選択)してきた次第です。「これまで使っていた」と言っても、実は諸事情で父はしばらくPCを使っておらず、ほとんど初心者といってよい状態。しかも以前のPCは Windows 2000 だったので、店頭にズラリと並ぶ Vista PCたちを目にしてかなり戸惑っていたようでした。

それでも何の相談もなしに買うのも悪いと思い、候補を挙げて「コッチは○○という機能が付いてるから高くて、それがなくていいならアッチの機種が安くていい」というような説明をしていたのですが、「お前が選んでくれればいい」の一言。一緒に買い物についてきていた母(孫の相手担当)は、「こんなに種類があると、何を聞いていいのかすら分からないし、説明されても分からないわね」と話していました。

買い物自体は問題なく終わり、新しいPCとプリンタを買って家路に着いたのですが、まさしく「デジタル・デバイド」という言葉が頭に浮かびました。僕らの世代にとっては、PCを選ぶということには何の苦労もありません。逆に「あの機種はこうで、この機種はこうで」と比較検討することに、楽しさを感じる人も多いと思います(実際、僕は両親そっちのけで楽しんでしまいました)。しかし父親の世代のPC初心者にとっては、それはまさしく難解で、苦痛なものでしょう。

もっと高齢者に優しく、買い物や相談がしやすいPCショップってないのでしょうか。もちろん様々な努力をされているお店が存在していると思いますが、いまの家電量販店のような場所では雑然とし過ぎていて、ゆっくり立ち止まって店員さんから説明を受ける余裕もありません。無数の機種がゴテゴテとしたスペック表示と共に並べられている店内は、まさに「情報洪水」といったところでしょう。そうではなく、お孫さんを連れてふらりと立ち寄り、ゆったりとしたスペースの店内で、居心地のいいイスにでも座りながら自分にあったPC(および周辺機器や参考書まで含めたセット)を提案してもらう――そんなイメージです。

「それじゃ効率が悪い」「高齢者向けのPC販売なんて必要あるのか」という声もあると思います。しかし子供が同伴しないとPCの1台も選べないような状況は、ちょっと異常ではないでしょうか。PCを家電並みの存在にすることの難しさは重々承知していますが、せめて販売の場面だけでも、もっとストレスの少ない環境を用意できないものかなと感じてしまった次第です。

Comment(8)

コメント

>もっと高齢者に優しく、買い物や相談がしやすいPCショップ

つAppleStore(笑)

まあMacかWindowsかで一悶着あるかもしれませんが、ハードとしてのMacに限って言えば、ラインナップが絞り込まれているので、目的と予算次第で悩むことは少ないかと思います。Windowsマシンとしても優れているようですし。

ひとぴんさん、コメントありがとうございます。
> つAppleStore(笑)
いや、実はイメージにあったのはまさにそれです(笑)実際、某家電量販店の勢い(?)に埋もれてしまいそうな両親&娘を見て、Mac に切り替えようかなぁと一瞬本気で思いました。
父の希望は「これまでのPCとなるべく似ているもの」ということだったので断念しましたが、Windows マシンに全然触れたことのない方なら、Mac というのも全然ありな選択だと思います。

家電量販店は、PCのみならず、機械に疎い方は購入しづらいでしょうね。
うちの奥さんの母上がコンポを買いに行きましたが、断念して帰ってきました。
「売るのが目的なのか、知識を自慢したいのか」とぼやいていましたが。

家電「量」販店では難しいと思います。百貨店のような質販の領域のノウハウが必要になるのかもしれません。店舗内でやる場合は、SonyStyleのようなやり方が必要になるでしょうか。
あるいは町の電器屋さんで選んで買えるようになるとよいかもしれませんね。

戸川 リュウジ

こんばんわ

 この記事を読んで深くうなづいてしまいました。僕もはじめてPCを買ったとき、お父さんのように何を選べばいいか、お店の人が何を話しているのか、まったく判らなかったことを思い出しました。「ここは日本か?この店に入るにはパスポートが必要なのか?」それぐらい嫌な体験でした。
 今では、そんなことも遠い彼方の出来事。通販系のショップで予算に応じてサクッと買ってしまいます。
人と人が顔をつき合わせて、お客さん好みのPCをしっかり提案してもらえるお店があると本当に助かりますよね。


僕:「このノートPCもそろそろ買い替え時かな?次何にしよう? こんな時は…子供電話相談室に電話してみよう!

【トガワ的教訓】
「ひょっとしたらひょっとするかも?」

みなさま、コメントありがとうございます。

> ooki さん
> 「売るのが目的なのか、知識を自慢したいのか」
その話、まさしくこのエントリで登場した例と一緒だと思います:
「マニア社員はいらない」
http://blogs.itmedia.co.jp/akihito/2007/10/post_8b2b.html
せめて自分が話している相手をよく見て、理解できるように話して欲しいですよね。


> ProjectK さん
町の電器屋さん、というのは1つの可能性だと思います。実際、量販店には出せない「密着サービス」というものを打ち出して、生き残りに成功している例が取り上げられたりしますよね。PCや周辺機器の分野でも、そのモデルが通用するかどうかは分かりませんが、挑戦する企業が現れて欲しいと思います。


> 戸川さん
> 人と人が顔をつき合わせて、お客さん好みのPCをしっかり提案してもらえるお店があると本当に助かりますよね。
各社さん努力されているのだと思いますが、やっぱり実際の消費者との間には、まだまだ差があるように感じました。それでガラッとイメージを変えた売り方を、と意見してみた次第ですが、「電話相談室」的なサポートも重要だと思いますよ。

BB99

なんとなくで拝見しました。
いまの家電販売店の現状として、気持ち良く買い物ができるお店がありませんね。「当店に不満があるなら他へ行け」といわれた事もしばしばあります。特に名前にカメラが付いてたり、黄色い看板を上げた電気屋はそんな対応が多いですね。店員にも当たりはずれがあるけども、店舗自体がそもそもハズレでなのが悲しいですよね。値段が高ければ店舗に行く意味がないと思いますし、不快な思いをするならばコストを省いて安いネットで十分ですよね。
最後に暴言となってしまいますが。
「上に上げたお店は従業員すべて路頭に迷ってしまえ」
と言うのが私の本音です。

BB99 さん、コメントありがとうございます。
「当店に不満があるなら他へ行け」というのはすごいセリフですね。確かに価格の安さだけを追求するならば、現在ではネットという選択肢もありますから、今後は「接客の質の高さ」という点が重要になってくると思います。少なくとも不快な思いをさせない、ぐらいのことはしないと、「なら自分ですべて処理できるネット通販を選ぶ」という人が増えてしまうでしょうね。

コメントを投稿する