オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

「献立検索キーワード」が食品売り場を変える?

»

オルタナブログの読者層には、主婦の方々は少ない……と勝手に想像しているのですが、「国内最大の料理サイト」という触れ込みの「クックパッド」をご存知の方は多いかもしれませんね。実際、ITmedia News でもこんな記事がありました:

レシピサイト「クックパッド」が食品売り場を変えている (ITmedia News)

クックパッドのサイトは、クックパッド(東京都港区)が1998年10月に運営開始し、月間280万人が利用する日本最大の料理サイトで、ユーザーの投稿 から生まれたレシピは27万品を超え、世界最大級が売りだ。6月時点にサイト内で調査した結果、利用者は女性が96%で、うち20~30代が80%を超え る。しかも、「クックパッドのレシピを参考に食材を購入したことがある」との答えが91%に達するとあれば、大手スーパーもその存在を無視できない。

とのことで、イトーヨーカ堂が投稿されたレシピを商品化したり、ユニーが人気レシピをもとに関連食材を売り込むなどの取り組みが紹介されています。

そして今日の日経新聞に、クックパッドの影響力をさらに増加するであろう取り組みが報じられていました:

献立サイト「クックパッド」、消費者の検索情報販売 (NIKKEI NET)

クックパッドの検索機能に入力された、検索キーワードの販売が始まる(ちなみに利用料金は月額180万円)というニュース。前掲の ITmedia の記事によれば、「レシピを検索するだけの一般ユーザー」が約270万人も存在しています。さらに彼らが入力するキーワードは、閲覧されたページ以上に「今日は何を食べたいか、何を作りたいか」という意識を反映しているはずですから、企業にとって大きな価値を持つことになるでしょう。また検索結果からは地域別の動向も調べることが可能で、実際に

近畿地方のサイト閲覧者は「カレー」と「牛すじ肉」、北海道では「鍋」と「たら」と組み合わせて検索する傾向が目立つという。

とのこと。こんなキーワード傾向を元に、食品売り場のレイアウトや品揃えが変えられることが普通になる、のかもしれません。

先日『ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦』の吉川さんから著書の『サーチアーキテクチャ 「さがす」の情報科学』をいただいたのですが、その中でも検索キーワードのモニタリングをすることについて、こう指摘されています:

インターネットにおいて以前から使われていたモニタリング手法として、検索エンジンに入力されるキーワードの頻度を解析するというものがある。検索エンジン利用の一般化に伴い、検索エンジンに入力されるキーワードは一般大衆の興味を反映したものに近いものだと考えられるようになってきている。

今回のクックパッドの事例では、一般の検索エンジンよりも利用者の属性が定され、さらに入力されるキーワードが限定(料理に関係したもの)されたキーワードになっています。従ってより「興味を反映したもの」になっていると言えるでしょう。今後も検索エンジンの進化と普及は進むでしょうから、「検索キーワードを売る」「買ってマーケティングに活用する」、あるいは「キーワードを拾うために検索サイトを立ち上げる」といった行動がますます盛んに行われていくのかもしれませんね。

Comment(13)

コメント

もずく

クックパッドは一人暮らしの時に随分お世話になったものです。その時常々思った事は、レシピの材料を購入しにスーパーに行ってみると、目当ての材料が思ったより高く、無関係な食材が安売りしている事がよくありました。結局安さに目が眩んで無関係の食材を買って帰り、その食材を使ったレシピを検索すると、足りない食材がある事が判明し、また買い物に行く羽目になったり…。そこで、クックパッドを検索してレシピをプリントアウトできるような端末がスーパーにあれば、安売りの食材から作れる料理を検索する事も出来ますし、予めメニューを考えてから行かなくても、その場でレシピ検索してメニューを決められるので、便利だろうなぁ、と。(私の場合はモバイル環境を手に入れる事で解決してしまいましたが、万人にその手は使えないでしょうし。)
あと、レシピの材料欄の横にチェックボックスを設けて、食材をデリバリー購入できるような仕組みがあっても面白いかもしれないと思いました。そのレシピの中から必要な材料だけ届けてもらえば、今日の夕飯は出来上がりです。;-) 勿論配達地域や届くまでの時間などの制限が出てくると思いますが…。
# 記事内容とちょっと離れてしまったかもしれません…スミマセン。

我が家のクックパッドの使い方では「冷蔵庫にあるものを検索してみる」が第一で、おいしそうなレシピは料理の本で探す事が多いです。それだと食べたいものを検索しているのとはちょっと違いますので、食品メーカーさんの思惑からずれてしまうかもしれないですね。
もずくさんのおっしゃるデリバリー購入サービスについてですが、アメリカだとAmazon Freshというサービスが始まるそうですね。

「食」絡みで一題。
ぐるなびでも加盟店向けに検索キーワードを開示しているそうです。
クックパッドの「今日のおかずは何にしよう?」に対してぐるなびは「今日は何を食べに行こう?」になりますね。

アキヒト

> もずくさん
コメントありがとうございます。
そうですよね、いくらクックパッドと実際の売り場が連動し始めたといっても、お目当ての食材がお買得でないこともあるわけで。店頭にプリントアウト可能な端末がある、なんてサービスがあったら便利ですね。
> レシピの材料欄の横にチェックボックスを設けて、食材をデリバリー購入できるような仕組みがあっても面白いかもしれないと思いました。
これも便利な仕組みだと思います。最近はスーパー各社が「ネットスーパー」の仕組みを導入し始めていますから、それとクックパッドが連携すれば、「今日お買得の食材からオススメレシピを探す」「合計500円でできるレシピを探す」「決定したレシピに必要な食材を一括配送してもらう」なんて機能が実現できるに違いありません。うーん、早く現実になって欲しい(笑)

アキヒト

> 山口さん
コメントありがとうございます。
なるほど。確かに「検索キーワードに入れる食材=食べたい食材」とは限りませんね。なかなか解釈は難しい。
以前何かの番組か雑誌記事で、「中に入っている食材を(自動もしくは手入力で)把握する冷蔵庫」みたいなモノが開発されたという話を聞いたことがあるのですが、そんな冷蔵庫があればクックパッドと連動して「いま作れるレシピの中で評価が高いものはコレ!」なんて自動提案してくれるかも……と、さらにあり得ない空想をふくらませてしまいました。

アキヒト

> 小野さん
コメントありがとうございます。
おぉ、確かにぐるなびなら「何を食べに行こう?」というキーワードになりますね。それを基に新しいメニューを開発したり、お店の雰囲気を変えたりなんてこともできるのかもしれません。
このオルタナブログ記事専用の検索エンジンがあったら、入力されたキーワードから「読者の読みたい記事=書けばアクセスが上がる記事」が分析できるようになったりして。ちょっと欲しいかも。

himat

その冷蔵庫、FHITU経由で日立製作所が権利を持っているはずです。
シナリオはそれなりに真面目に書いたけど、まさか本気で作るとは・・・・・(^^;。

しつこいですが、ぐるなびキーワード絡みでもう一題。
ぐるなびの検索には「メニュー検索」の他に「クーポン検索」というのがあります。あまり知られていませんが。。
そこで毎月、検索キーワードの1位は「誕生日」だそうです。
つまりエリアと業種を指定して、その検索をかけると、例えば「青山で誕生日クーポンをつけている和食の店」などという検索ができます。
「誕生日クーポン」もいろいろあって、単純な料金割引よりは「花束サービス」とか「ワインサービス」がウケるらしいです。
本題と離れてしまってすみません。

アキヒト

> himat さん
コメントありがとうございます。
おぉ、実は身内の話でしたか……!いや、本当にうろ覚えでした(責められちゃうかな)。本気で作っちゃったんですねぇ。


> 小野さん
コメントありがとうございます。
「クーポン検索」があるとは知りませんでした(今度試してみなくては)。また単純にクーポンといっても、いろいろな種類があるのですね。意外にクーポン検索のキーワードと、人気のクーポンの分析をしたら、また面白い知見が得られるのかもしれません(既に実践されている可能性大ですが)。

間が空きましたが。。
クーポン検索のキーワードの分析はしているようですね。その分析を元に加盟店に「こういうキーワードのクーポンがウケますよ」といったアドバイスをしているようです。

アキヒト

小野さん、追加情報ありがとうございます。
> その分析を元に加盟店に「こういうキーワードのクーポンがウケますよ」といったアドバイスをしているようです。
なるほど、やはりそういったアドバイスもされているのですね。そうなると、ますます「検索」の出発点となるサイトに力が集まることになるはず……「ぐるなび」しかり「クックパッド」しかり、今後も情報力を武器にして成長を続けそうですね。

himat

ネタ元だから覚えていただけで、普通なら忘れてしまうと思います。
この手のコンテストのお約束として、権利は主催者ってのがくっついてたので、出願すると日立から無効請求来るはずです。
でも、出願は出来ないけど著作権は主張できるはず。
時代の先を行き過ぎてたせいで、3席だったかなぁ、上位は取れなかった。
賞品は電動歯ブラシだったけど、今から考えるともったいなかったなー、チャンドラなら諦めも付いたけど・・・・。
 
で概要を言うと、白物家電ではキーボードNGと思うので、入力は画像解析、POS入力に加えレシートOCRを搭載し、ならばついでに家計簿機能も組み込む。
卵等、常備物はダブルビン自動発注、残り物逆展開によるレシピ作成機能を搭載し、さらにレシピ入力による不足物オンライン発注機能も搭載する、と、まあこんな感じの物を企画書にまとめて投稿したわけです。
niftyフォーラム華やかりし頃、超高速イチニッパモデムなんて言ってた頃の話だから、仕掛けとしては有だけど実現は無理だろうと思ってたら、二年後参考出品で発表されたんで、あらまと思ったわけです、全て実装されていたわけではありませんが。
どこかで見たこと有るような仕掛けだと思った方、多分同じ穴の貉、業務システムとしては当時でもさほど珍しいものではありませぬ。
オーダーシステムは異なるものの生鮮デリバリも存在していたわけで、それらを有機的に統合してみたら冷蔵庫に行き着いたわけ。
モノ好きでシステム構築やった人間なら思いつくような仕掛けなので、同じような物が出てきても不思議じゃないけど公開コンペに出したのは、wwwでMosaic使いたいなんて言ってた頃の話だからねー。

アキヒト

himat さん、コメントありがとうございます。
> で概要を言うと、白物家電ではキーボードNGと思うので、入力は画像解析、POS入力に加えレシートOCRを搭載し、ならばついでに家計簿機能も組み込む。
確かにそこまで入力方法が揃って入れば、管理の手間が省けそうですね。画像解析も、いまの時代ならかなり精度の良いものができるかも……。
> モノ好きでシステム構築やった人間なら思いつくような仕掛けなので、同じような物が出てきても不思議じゃないけど公開コンペに出したのは、wwwでMosaic使いたいなんて言ってた頃の話だからねー。
いまでは「それネットにつないで、データをダウンロードすれば……」と軽々しく言い切れる時代ですからね。で、僕も軽々しく上記のような想像をしてみたわけですが、「超高速イチニッパモデムなんて言ってた頃」から発想されていたというのは頭が下がります。いま世に出てきているモノを見て「ああ、昔同じような企画をしたなー」という方が大勢いらっしゃるのかもしれませんね。

コメントを投稿する