オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

学校教科に「ブログ」が加わる日

»

「ゆとり教育」なんて言葉が出始めてから、義務教育が迷走を続けているように思うのですが、今度は「言語力」というキーワードが登場しているそうです:

全教科を通じ「言語力」育成 文科省の有識者会議 (asahi.com)

現在、文部科学省で学習指導要領の改定が進められていることはご存知だと思いますが、その柱に「言語力」なるものが置かれているとのこと。「小中高の全教科を通じて、言語力の育成を目指すこと」が求められているのだそうです。

報告書は国際的な学力調査等で日本の子どもの読解力の低下が指摘されているほか、いじめなどの人間関係をめぐる問題もあり、言語力の必要性が高まっていると指摘。次期の学習指導要領では「言葉」を重視すべきだとして、国語や外国語に限らず、全教科で横断的に指導することを求めている。

残念ながらこの報告書が文部科学省のサイトで見つからなかったため(余談ですが同省のサイト、使いづらいです!)、具体的に「言語力」が何を指しているのか分からないのですが、他の記事等を参照すると「自分の考えを文章や言葉で表現する力」のことのようですね。それがどういじめ問題の解決につながるのかは疑問なのですが……。

個人的には、上記の意味での「言語力」を養うには、これはもう実践しかないと思います。文章を書いて、プレゼンして、けなされて凹んでリトライして。実際、具体的な例として「身近な地域の観察・調査などで的確に記述し解釈を加えて報告する」(社会、地理歴史、公民)「観察などで問題意識や見通しをもちながら視点を明確にし、差異点や共通点をとらえて記録・表現する」などという構想があるようですから、実際に自分のアタマを動かす作業が入るのでしょう。しかし、ちょっと心配なのはフィードバックの面。いまの先生の方々を疑問視しているわかではありませんが、多くの生徒達の成果物に対して、一人の先生が適切な指導を行えるでしょうか。

ということで、いっそのこと教科に「ブログ/ポッドキャスト」を加えてしまってみてはいかがでしょうか?単に書きっ放し・言いっ放しでは生徒達もつまらないでしょうし、せっかく作った成果物を授業だけでしか使わないというのももったいない話です。しかも、それこそ世界中の人々からフィードバックがもらえるブログ/ポッドキャストであれば、「言語力」実践の場としてはもってこいのはず。文部科学省の皆さま、ぜひぜひご検討を!

……というのは冗談ですが、意外に学校教科に「ブログ」を加えてみても面白いかもしれません。実際、実験的に始めている学校はあるようですし、独立した教科でなくても「国語」や「情報」の一環で教えてもいいでしょう。数年後には義務教育の生徒全員にブログorブログに準ずるもののアカウントが与えられていたりして。

Comment(6)

コメント

アキヒト

林さん、コメント&情報ありがとうございます。
そうですね、総合学習や国際交流など、ブログが「はまり」そうな科目は多いと思います。ネットに慣れた若い先生たちが増えてくれば(そして学校に設置されるネット接続PCが増えてくれば)、「学校でブログ」も普通の話になるのでしょうね。

Haruto Satonaka

里中と言います。
私は、秋田県で高校の教員をしています。
教科は、現在「情報」を担当していますが、元々は数学です。
 実は、自分の授業でブログを使った授業を行いました。生徒たちに新聞やテレビで取り上げられているニュースについてのレビューを書かせました。(この授業の最終的な目的はブログを使うことやレビューを書くことではないのですが・・)
ブログを授業の中で扱って一番気になったことは生徒が書いた記事に対して、卑猥なコメント、スパム投稿等が多く、広く世間の人たちに生徒たちの記事に対するコメントを書かせられない事でした。
 しかし、私は学校でブログを扱うことに関しては肯定的な印象を持っています。

あきこ

はじめまして。
いつも興味深く読ませてもらっています。

言語力といじめとの関係ですが、
「言語力の低下」
 ↓
「自分の考えを表現できない・他人の考えが理解できない」
 ↓
「周りの人間とのコミュニケーションが不足・共感することができない」
 ↓
「いじめなどの形で発散」
という風になっているのではないのかな、と。
逆に言語力を高めれば、人間関係の問題も改善が期待できるということでは。

単に自分の気持ちを表現することさえも苦手になっている人(子供だけでなく)が多いように思えますし・・・。

こうやってコメントを書いていると、自分の言語力がもっとあればいいのになぁと思えてなりません(苦笑)

アキヒト

里中さん、コメントありがとうございます。
実際に現場で取り組まれている方からコメントをいただけて、嬉しく思います。
> ブログを授業の中で扱って一番気になったことは生徒が書いた記事に対して、卑猥なコメント、スパム投稿等が多く、広く世間の人たちに生徒たちの記事に対するコメントを書かせられない事でした。
やはり、スパムや荒しといった問題が起きてしまうのですね。実際に授業に導入するとなった場合にも、一番問題になるのはこの点だと思います。あと、犯罪者が身分を隠してコンタクトしてくる、といった問題でしょうか。
いずれにしても、せっかくの取り組みが妨害されてしまうことのないよう、何らかの手段が講じられなければならないですね。

アキヒト

あきこさん、コメントありがとうございます。
なるほど、言語力をコミュニケーション力と置き換えてみると、いじめとの接点が見えてくるかもしれませんね。いや、あきこさんの言語力、十分だと思いますよ(笑)
しかしそれに反対するわけではないのですが、コミュニケーション力が上がった程度でいじめがなくなるのかなぁと、悲観的な考えをしてしまいます。いじめはいじめでしっかり対応して欲しい、そのように思います(実際対応しているのでしょうが)。

コメントを投稿する