オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

学校が好きだと、早く起きられる

»

学校に行くのが楽しいと、朝グズらずにパッと起きられる -- そんな至極当然の話が、調査によって明らかになったそうです:

「早起きの子どもは学校が好きで楽しい」 3都県調査 (asahi.com)

教育学や食物学の専門家でつくる「子どもの生活リズム向上のための調査研究会」の調査結果について。1都2県の小学校、計4校の生徒231人を対象に行われたもので、「学校が楽しいかどうか」「朝何時に起きるか」「朝食に何を食べたか」が調査されたそうです。その結果、学校を「とても楽しい」と答えた生徒の割合は、朝起きる時間が早ければ早いほど大きくなったとのこと。学校が楽しいから、ついつい早起きしてしまうのですね。

……という結論にはなっていないようです。記事を読まれた方ならお分かりだと思いますが、「早起きすると生活にリズムが生まれ、学校が楽しくなる」というのが研究会のコメントとのこと。つまり「学校が楽しい」が因、「早起きする」が果ではなく、「早起きする」が因、「学校が楽しい」が果と捉えているわけですね。さらに学校が「とても楽しい」と答えた生徒のうち51%が、主食や副菜などが4品以上ある食事を取っていたという結果が出ているそうで、それもふまえ「早起き+バランスの良い食事=楽しい学校生活」という図式が提示されています。

調査結果の1次資料に触れたわけではないので、何が正しいか結論を下すことは当然できません。しかし記事を読む限り、何が原因で、何が結果かを論じるのは早急なような気がします。もちろん「学校が楽しい」と答えた生徒は「朝早く起きている」という結果が出ているので、この2つに相関関係がある(※因果関係ではなく)ということは言えるでしょう。しかし僕が冒頭でわざと間違えたように、「学校が楽しいから早起きできるのだ」とも考えられますし、全く別の要因が「早起き」「学校が楽しい」という結果を導き出している(どちらかが「因」ではなく、どちらも「果」である)という主張も可能です。せっかく興味深いアンケート結果が出ているのですから、さらに掘り下げて「因」と「果」を研究して欲しいと思います。

余談ですが、こういった記事が掲載されてしまうのも問題のような気が。もし元の研究で因果関係が証明されているのなら、その部分をきちんと記事で解説しなければいけませんし、無いのなら不備を指摘しておくべきでしょう。ただでさえ、ある主張が新聞という媒体に載った瞬間に、人はそれを真実のように感じてしまうものです。記者の方には、慎重な態度で情報に接して欲しいと思います。

Comment(8)

コメント

grasshopper_mk2

新卒の会社選択基準のアンケートで
「雰囲気・イメージ」という選択肢
が一番だったという結果があり、
新聞の見出しは、「なんとなくが減るも1位はイメージ」でした。
雰囲気とイメージは大分違うものなので答える方も苦労しただろうなと思います。
おそらくイメージではないけど雰囲気という人の方が多かっただろうと思います。

小林 由吉夫

私もこの記事を読んだとき、同じ感想を持ちました。偏見かもしれませんが、新聞記者の方は文系の方が多いから、このような疑問を持たないのでしょうか。
まさか、調査した側も都合のよいように解釈して発表してはいないと信じたいのですが、最近の役所がらみのいろいろな事件を見聞きしていると、その位のことは平気でやりそうに思えてしまいます。

確かに一次資料に触れてみないとなんともいえない調査ですね。というか、各時間帯ごとの母数ってどうなんでしょう。6時半前に起きている子どもって何人ぐらいいるのでしょうか・・・。
(まぁ「調査」なんだから、そういった調整は当然していると期待したいのですが。)

大体「学校が楽しい」って「家では(親が仕事に行って)一人だから楽しくない」ってことかもしれないではありませんか。

もっとも、こういった調査は基本的になんらかの仮説に基づいてやるわけで、この研究会はこのような仮説に基づいて調査をしたということだと思います。

昔は学校が好きで楽しかったし今も仕事が楽しいのだけれども私は朝早く起きることだけはどうにもさっぱりダメです。どんな楽しみなイベントが待っていようが朝は起きれません。
ので、こういう調査結果を「因果関係と相関関係の違いがわからないひと」が見て「早起きができないってことは学校が好きではなくて楽しくもないのだ」などと無茶なことを考えると厭だなあと思うのでした。まあ自分の経験から行けばこんな調査結果があろうがなかろうが普通に早起きできるひとは大抵早起きの苦手なひとを不真面目だからとかやる気がないからとか酷いのになると深層心理では本当は行きたく無いのだとか云う風に見ている気はしますが。

アキヒト

> grasshopper_mk2 さん

コメントありがとうございます。
仰る通り、「雰囲気」と「イメージ」では大分違いますよね。また「雰囲気で選んだ」が「職場の雰囲気が良いので選んだ」であったとしたら、ずいぶん受ける印象も異なります(会社の中もちゃんと見ているんだな、という好印象に)。設問や選択肢の文章にも、十分注意しなければいけませんね。

アキヒト

> 小林さん
コメントありがとうございます。
そうですね、都合の良いようにわざと解釈したのだとは思いたくありませんが・・・。故意にとは言わなくても、「こうであって欲しい」「こうあるべきだ」という願望が、調査した人々・報じた人々の無意識にあったのかもしれませんね。

アキヒト

> ProjectK さん
コメントありがとうございます。
確かに母数については、僕も気になりました・・・調整をしているかもしれませんし、こればかりは調査資料全体を見てみなければ分かりませんね。また「楽しい」という部分についても、仰る通りだと思います。こういった数値にできない部分については、アンケートに答える側も解釈する側も、主観的な解釈が可能になってしまうということに注意しなければいけません。

アキヒト

> たけぽんさん
コメントありがとうございます。
確かに楽しいことが待ってようがいまいが、早起きが苦手ということもありますよね(僕も寝坊して楽しいイベントに遅刻したことが何度も・・・)。ですので「学校の楽しさ」と「早起き」の関係を見ようとすること事態、間違っているのかもしれません。間違っているだけならいいのですが、「早起きしない生徒はダメだ」のように価値判断と結びつくようになるとイヤですね。

コメントを投稿する