オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

スパムはもう問題じゃない?本当に?

»

「スパムは増えているにもかかわらず、「スパムはまったく問題ではない」と考えるユーザーが増えている。」 -- そんな刺激的なヘッドラインが掲げられた記事が、ITmedia News に掲載されていました:

スパムはもう問題じゃない? (ITmedia News)

ネット関連分野の調査会社、Pew Internet & American Life Project が発表した調査結果について。米国でのアンケート調査ですが、「スパムは大きな問題である」と考える人の割合が減り、さらに「スパムはまったく問題ではない」と回答した人の割合が増えたとのこと。興味がある方のために、詳しい調査結果へのリンクを貼っておきます:

Spam 2007: The volume of spam is growing in Americans’ personal and workplace email accounts, but email users are less bothered by it.
※注:PDFファイルが開きます!

この記事を読んだとき(正確には記事タイトルを見たとき)、最初に感じたのは「もう問題じゃない?本当に?」という疑問でした。なぜかと言えば、最近僕の頭の中では「スパム=スパムトラックバック/スパムコメント」という図式が出来上がっているから。いつもオルタナティブ・ブログをご覧の方ならばお分かりだと思いますが、新しいエントリを投稿すると、ものの1時間もしないうちにいくつもスパムトラバ/コメントが付きます。コメントについては、最近必ずCAPTCHAが表示されるようになったのですが、やはり効き目がない場合もあるようですね。

Pew の調査は、実はスパム「メール」だけを対象としたもの。確かにメールだけであれば、最近のフィルタリング機能の向上によって、僕自身もほとんど煩わされることはありません。また記事で触れられているように、「ポルノ関連のスパムが減った」という指摘も、個人的には正しいように感じています。だからと言ってスパム業者があきらめたわけではなくて、よりスパム対策が脆弱な分野 -- すなわち「ブログ」にターゲットを移した、という面もあるのではないでしょうか。

ブログもメール並みに一般化したわけですし、そろそろスパムトラバ/コメントのフィルタリング機能も充実してくれないでしょうか。個人的には「これは便利」という機能を導入してくれているブログASPサービスもあるので、そういった機能が一社で独占されることなく、広く共有されるようになることを願います(ちょっと都合が良すぎる話かもしれませんが)。


キーワード記事*

スパムフィルタリング

Comment(2)

コメント

nakuyouguisu

SPAMメイルの問題は、帯域を取られてしまうというのが最大の問題だと思っていました。

> 確かにメールだけであれば、最近のフィルタリング機能の向上によって、僕自身もほとんど煩わされることはありません。

自分に関係なければ問題だと思わないのは当然ですよね。

アキヒト

nakuyouguisu さん
コメントありがとうございます。
> 自分に関係なければ問題だと思わないのは当然ですよね。
仰る通り、自分に迷惑が掛からなくても、問題となるのがスパムなんですよね。その意味では「スパムを気にしない人が増えた」と表現するべきかもしれません。いずれにしても、スパムが問題でなくなる日はまだ遠そうです。

コメントを投稿する