オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

黒く塗れ

»

「黒い綿棒」ってご存知ですか?最近は普通のコンビニでも扱われるようになったので、ご存知の方も多いと思います。普通の綿棒が白(綿が白いのだから当然です)なのに対して、黒い綿棒はその名の通り真っ黒。「単に色がついただけでしょ?」と思いきや、これがすごいんです。色が黒なので、耳垢が目立ち、耳かきをすると「こんなに垢が取れた!」と爽快な気分になります。ただそれだけなのですが、うちではすっかり「黒綿棒」を使うようになりました。

同じ「黒」つながりで、今日の日経MJに「黒いまな板」というものが紹介されていました(日経流通新聞 2007年2月14日 第22面)。ちょうど読売新聞でも紹介記事がありましたので、ご覧下さい:

食材くっきり、黒いまな板…京セラが開発 (YOMIURI ONLINE)

京セラが発表した「日本点字図書館オリジナルクッキングボード」という商品。まな板と言えば白いもの(木製であればもちろん木目調ですが)、と相場が決まっています。しかし視覚障害のある方は、背景が黒い方が良く見える場合があるのだとか。そこでまな板を黒くすることで、食材や調理器具(包丁など)を見えやすくすることを狙ったのだそうです。京セラは「高齢化社会に向けた商品開発のヒントになる」と位置付けているそうで、さらに新しい可能性が見えてくるかもしれません。

綿棒もまな板も、衛生的に見えるという理由から「白」が常識とされていたものです。ところがその常識を取り払ってみると、「モノ(耳垢・食材)が見えやすい」という大きな価値が現れました。単純な発想に思えますが、これまで「黒い」バージョンが登場していなかったことを思うと、いかに「それが常識だ」「昔からそういうものと決まっている」「些細なことを気にするな」という思考のバリアが強力なものであるかを示しているのではないでしょうか。

色を変えてみる・形を変えてみる・大きさを変えてみるなどなど、ほんの些細な変化でも、思考停止状態を突破するきっかけを与えてくれるのかもしれません。

……蛇足ですが、「黒い綿棒」の実物はこんな感じ(1種類だけでなく、各社から様々な種類が発売されています):

Comment(5)

コメント

こば奥

定着していた色を蛙。ケロケロ
ごめん。

どれだけ汚れていたかを目で確認するって言うのは、
自虐的なのに、快感につながっていくんですよね。
ゴキブリホイホイにたんまりゴキが居る状況は気持ち悪いのに、一匹も居ないとチョッと不満だったりして。

関係ないんですが、
鼻毛の伸びる人=耳垢のたまる人
って公式。完璧なんですけど、誰か認めてください。

> こば奥さん
どんだけ汚れてるかを確認する=達成感、なんですよね。鼻毛=耳垢、の公式については、ご自身で調査くださいませ。


> クドウさん
おお、既にIKEAが発売しているのですねー!言われてみると、確かに海外のデザインっぽいかも。「黒」にはオシャレに見せるという効果もあるかもしれませんね(綿棒は例外ですが・・・)。

mohno

「黒く塗りつぶせ」(by 矢沢永吉)のことかと思いました^_^;

> mohno さん
実はタイトルを"Paint It Black"にしてしまおうかと一瞬迷いました(笑)

コメントを投稿する