IT×教育の情報を、青年マーケターがお届けするブログ。

【快適なITライフのために】レーシックを受けてPC用メガネを愛用しているweb系男子の体験談

»

Eyestrain

PCを使って仕事をしていると、どうしても目が疲れますよね。web系の仕事をしている方などは1日に10時間以上もPCと向きあって仕事をすることも珍しくないでしょうし、かと言って目が疲れたという理由で仕事は休めませんよね。私もそういった悩みにずっと悩まされていました。

そこで今回は、レーシックを受けてPC用メガネを購入した体験談を書こうと思います。この2つのおかげでかなり毎日の生活が快適になり、目が疲れにくくなりました。これからレーシックを受ける、PC用メガネを使ってみたいという人の参考になれば幸いです。

私の視力事情

Photo_11

まず話をより具体的にイメージしてもらうために、私がどれくらい目の悪さと疲労に困っていたかを説明したいと思います。

私は小学校1年の頃からメガネを使用しており、目の悪さは完全に遺伝でした。家族全員が裸眼では生活できず、私も近視+乱視というコンボを持ってメガネ+コンタクトレンズ生活を送っていました。視力はおおよそ0.1ほどでしょうか。これ位まで下がってからは視力測定に行かなくなったので正確な視力は覚えていませんが。

しかも私は高校時代の部活動でコンタクトレンズを毎日使っていた結果、アレルギーを起こしてコンタクトレンズを使用しにくい眼になってしまいました。毎日は使用できず、週に2回ほど使用できればいいほうという状態になってしまいました。幸いなことに部活も引退したので受験時代はコンタクトレンズを使用する必要は少なくなりましたが、それでもたまに友達と運動をする時にコンタクトレンズを使用した後には眼に疲労感が残り、翌日は頭痛になっているということも頻繁にありました。

大学時代は何とかメガネ+たまーにコンタクトレンズのコンボで乗り切ってきましたが、やっぱりメガネでも使い続けると眼が疲れたり、コンタクトレンズを使った後は頭痛があったりと限界を感じていました。特に大学3年の夏から仕事を持ち始めた時からPCを使用する時間が激増し、これは何とかしないと仕事もプライベートにも差し支えると危機感を抱き始めました。

レーシックを受けることを決意

そんな時に、仲の良い友人といとこがレーシックという手術を受けて視力が回復したという話を耳にしました。最初はレーシックという手術そのものに抵抗があり、視力回復のために手術を受ける気にはなれませんでした。やっぱり身近な誰かが実際に受けてみたという話は影響力が大きいですね。一気にレーシックに興味を持ち始めました。

ちなみに私は品川近視クリニックという病院で手術を受けました。ここは担当医が全員レーシックを受けて裸眼ということもあり、他の病院よりも説得力があるように思えたことが選んだ要因として大きかったです。

◆そもそもレーシックとは?

Lasik

Wikipediaによると、

「レーシック(英語: LASIK)とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である」

とあります。つまりレーザーを目に照射して視力を回復するという手術です。よほど古い手術でなければメスなどで切ったりすることは全くない日帰り手術のことです。私も手術してその日にすぐ自分の足で帰りました。

◆検査〜手術までの流れ

Large_7264807352

検査は3時間ほどまとめて時間をかけて3回ほど、つまり9時間以上は検査があり徹底的に目の検査をしました。眼圧やアレルギーの有無、今の視力と術後の目標視力設定、更には遺伝子検査で生まれつきレーシックを受けられない人を選別するテストも受けました。ここは病院によって違うのでしょうが、手術と同じくらい検査をとにかくしっかりやってくれる病院をオススメします。

手術時間はおおよそ5分くらいでした。検査をあれだけやってこれで終わり?と思うくらいあっけなく終了したのを今でも覚えています笑 痛みは全くなく、手術の時にさした目薬がちょっとしみた位でした。光をぼんやり眺めているように言われるので、その通りにぼんやり眺めていました。この光がおそらくレーザーであり、リラックスしてぼーっとしていたら手術は完了していました。

◆レーシック受けた後の目は?

視力は約0.1→1.5まで回復しました。視力は術後1,2日はぼやけたりしますが、私は3日後には全く視界がぼやけなくなりました。レーシック手術でよく聞くのが、ハロー・グレアという光がぼやけて見える後遺症ですが、私は術後3ヶ月経過した今までで一切ありませんでした。ドライアイなどの後遺症もなく快適に過ごせています。ちなみに入浴は手術の次の日から、スポーツは術後1ヶ月後から本格的に再開して大丈夫だそうです。

◆料金は?

友人の紹介で割引があり、手術と検査全て込みで27万円でした。ちなみに元の値段は32万円です。もちろんレーシックにも色々なコースがあるので全てがこの料金というわけではありません。私は目は一生使うものなので、お金で安心を買いたいと思い1番高くて最新の機械を使っているコースにしました。別にこれでなくてはいけないということではないと思います。

もっと安価でレーシックを提供している病院はたくさんあります。ただ、ここで下手にお金を惜しんでしまうのは危険だと思います。レーシックというものが広く認知されるようになって、その分質の悪い病院もレーシックを扱うようになったと聞いたことがありますので。

 

◆痛みや後遺症はないの?

術後しばらくは目がかすんでよく見えません。寝起きのぼんやりした視界のような感じです。術後30分は目を閉じてリラックスする時間が与えられて目を休めます。術後1週間は外出する間は防護用のメガネを着用するように言われますが、これは術後しばらくは目が感想しやすく傷つきやすい状況だからだそうです。このメガネがまたダサいのですが、ここは我慢して付けていました笑

      こんなメガネです
99

そして術後しばらくは寝る間に目を傷つけないようにこんなものを装着して寝ます。私のようにあまり仰向けでは寝れない人にとってはちょっと辛いかもしれませんが、ここは我慢しました。
Cover

ネット上でレーシックの後遺症についてまことしやかに情報が飛び交っていますが、少なくとも私の周りでレーシック手術を受けて日常生活に支障をきたす後遺症が発生した人は1人もいません。医者の話によると、個人差があってハロー・グレアなどの現象も起こる人はいるそうですが、だいたいは数ヶ月でおさまるそうです。ここも普通の病気と同じように、個人差があるのでしょう。

たまに失明しないの?と質問されることもありますが、レーシックで扱うレーザーはそもそも目の深い所にまで届くものではないので失明するリスクはほとんどないみたいです。2000年に厚生労働省からレーシックの手術の認可が下りて以来、失明したというケースは1件もないようですし。

◆レーシックの注意点

レーシックもかなり広く認知されるようになってきて、色々な病院で手術を受けられるようになりました。私がレーシックを受けた品川近視クリニックの周りにある病院も色々なコースのレーシックの広告を出していました。

ここで注意したいのは、病院によって料金と手術内容がかなり異なってくるということです。病院によってかなり違いがあるので、そのため手術後の後遺症も違ってくるということを耳にしました。お金をケチって安い手術をすればその分検査料や手術料にかけられる額が小さくなるんですから、リスクは当然高くなりますよね。

個人的には一生に一度の手術なのでリスクは出来るだけ減らした方が良いと思います。ここは完全に自己責任なので、納得できるまで情報を集めてみてから決めてくださいね。やはり世の中、本当に良いものが相場より安価で提供されることはめったに無いということだけは忘れないでおきたいです。

※7/26追加
参考記事
患者より金を選んだ「銀座眼科」レーシック訴訟、3年かかって和解。
ネット上で恐怖が拡散中 「レーシック難民」の実態

私が今健康な目になったのは病院が良かったのか、最新のコースだったから良かったのか、正直分かりません。結果論と言ってしまえばそれまでですが、お金でリスクを減らせるなら自分の目に投資するのは悪くないんじゃないかなと思います。安いから、周りが良いと言っているから、という理由だけで決断を下さないでほしいところです。

◆レーシックを受けた正直な感想

レーシック手術を受けて約3ヶ月が経過しましたが、やはり裸眼で寝て起きて生活ができるというのはとても快適です。運動も1ヶ月後からは問題なくできるので、今では定期的に前よりも運動を積極的にするようになりました。色々と怖い所もあったのが正直な所ですが、やっぱり手術を受けて本当に良かったなというのが感想です。

レーシックはメガネやコンタクトレンズでも何ともできない問題を抱えた私のような人間にとってはとても魅力的でしたし、こういった悩みを持っている人は少なからずいるんだと思います。正直、50年後に目がどうなっているのかなどは予想がつきません。もしかしたら多少の後遺症が起きるかもしれません。それでも私にとって裸眼で若い時代を過ごせるというのは何物にも代えがたいものでした。未来の問題はその時の新しい医療に期待したいと思っています笑

もしこれからレーシックを受けられる方も、しっかり自分で情報を集めて快適な裸眼生活を送ってもらいたいなと思います。余談ですが、品川近視クリニックで手術を受けたい方はご紹介しますのでfacebookメッセージよりご連絡ください。紹介ありだと5万円ほど安く手術が受けられるそうなので。

 

仕事でPCを使い続けるためPC用メガネ(Zoff PC)を購入

20120719_112234

レーシックを受けて裸眼での快適な生活を手に入れたはいいのですが、いかんせんPC作業による目の疲労は避けられませんでした。レーシックのおかげでメガネやコンタクトレンズによる余計な疲労はなくなりましたが、やはり1日に13時間以上PCを使っているとどうしても目が痛くなることがありました。

仕事柄、「仕事をする=PCを使う」と言っても過言ではない状況なので、PCの使用時間を減らすことは無理でした。そこで何とかして目の疲れを軽減させようと目のマッサージなども試しましたが、どれも対症療法的で根本解決にはなっていませんでした。

そんな時に耳にしたのが、Zoff PCの存在でした。

◆Zoff PCって何?

Zoff PCとは簡単に説明すると、目を疲れさせるPCなどから出る青色光を軽減してくれるレンズのメガネだそうです。

Zoffpclens

◆どれくらいの値段?

レンズはカラータイプとクリアタイプ(レンズに色が付いてないタイプ)の2種類があり、カラータイプは5000円ほどから、クリアタイプは1万円位で購入できます。度付きレンズだとどちらも+5000円になります。私は1万5000円ほどで購入しました。

◆どれくらい効果があるか?

使い始めて2週間ほど経過しましたが、個人的には短時間でも使用していないと疲労具合が違ってきています。使用していると視界が若干黄色がかって見えるのでデザイナーの方など正確な色を識別するお仕事の方には向かないかもしれませんが、私のように仕事やブログを書くためにPCを使っているという人にはかなり重宝すると思います。ただどれくらいの効果があるか、というのは個人差があると思います。

◆こんな人にオススメ

仕事でPCを必ず使い、しかもそれが長時間に渡る人にはオススメできるものだと思います。営業などで社外の人に会うことが多い人はクリアタイプの方がオススメだと思います。

   クリアタイプじゃないと色が目立ちますね
Zoffpcgirl

私は電車の移動中などでもiPadやiPhoneを使うことが多いので、最近では出勤中にもメガネをかけるようになりました。デザインも良いので自分に似合うものが選べるというのも嬉しい所です。

◆PC用メガネの情報あれこれ

ちなみにZoff PC以外にもJINS PCという同じような効果があるメガネもあり、こちらも評判が良いです。私の周りにはJINS PCを使っている人が多かったのですが、個人的に全てのフレームにPC用レンズが使えるZoffの方が魅力だったのでこちらを購入しました。他にも色々とメーカーがあるそうなのですが、この2つが知名度では圧倒的な印象がありますね。

・Zoff PCのお店の光景
Zoffpc2

・JINS PCもかっこいい物が多いです
Jinspc2

・JINS PCでハッカー向けPC用メガネとしてこんなのもありました笑
Jinspcforhackers

 

終わりに

レーシックのおかげで裸眼で仕事もスポーツもできるようになり、生活はかなり快適になりました。しかし、それでもやはりレーシックというものに抵抗がある方もいるでしょう。PC用メガネなんて使わなくても目が疲れない人もいるでしょう。このあたりは自分で何が必要なのかを決めるしかありません。

レーシックに関して言えば、インターネット上でたまに後遺症があると騒がれている掲示板などを見かけますが、そもそも手術が古いものであったり良い噂を聞かない病院で受けた手術であることも多いのではないかと考えています。リスクを承知で安い手術を選んだのであれば、その分リスクが増すことは完全に自己責任だと思います。

レーシックやPC用メガネにも賛否両論あるでしょうが、1つ言えるのは出処も知れないようなウワサを鵜呑みにして新しい可能性を否定してしまうのはすごくもったいないことだと思います。自分で調べてみて、自分に必要だと確信できたらそれがきっと正しいんじゃないでしょうか。エンジニアやweb系の仕事をされている方であればPCを使わない生活は想像できないでしょうから、だからこそ目を大事にしてあげるために多少の投資をしてあげることは大事なんじゃないでしょうか。生まれてから死ぬまで使う目だからこそ、しっかり考えて大切にケアしてあげたいものですよね。

【参考リンク】

レーシックとPC用メガネについて参考になった記事をご紹介します。

◆過去記事紹介

2012年上半期プログラミング学習サービス総まとめ

ホームレスでもハーバードに入学できる国アメリカ、できない国ニッポン

日本の常識は世界の非常識〜『Edu×Tech Fes 2012』イベントレポート〜

虚構新聞バッシングから見るメディア・リテラシーのお話

日本人のほとんどは"英語失敗組"からの再挑戦

ソーシャルラーニングで学校いらず!?インターネット学習の現在とこれから

今年こそは英語を学ぼうと決めた人たちへ〜1人でやらない英語のお勉強〜

ソーシャルメディア×英語PART2〜Twitterで英語学習〜

卒業シーズンに送る、学生のうちに観たいTED動画

大企業とベンチャー企業のソーシャルラーニング導入事例〜ソーシャルラーニング・ラボでの気付き〜

ソーシャルメディア×英語学習その1

Facebook利用率1位の大学から学ぶ、Facebookが使われる条件

eラーニングのススメ〜なぜIT教育は重要なのか?〜

Comment(1)

コメント

れーシック経験者

レーシックを受けたときの説明にあったと思いますが、
・乱視の場合に想定視力が出ない可能性が”低くはない”
・1%未満ですが視力が戻ったりハロ、グレアが強く出る
と言われたと思います。
私は1%未満に引っかかってしまい、左目が施術直後は1.2でしたが、今は0.3~0.6と不安定な状態です。(3年前施術)
軽い乱視と極度の近視(0.01未満)だったので、施術前にリスクを念押しされました。
施術は恵比寿のKクリニックで、いわゆる酷い病院ではないと思います。

レーシックのリスクが全くかかれていなかったのが気になったのでコメントしました。
ちなみに運動をする人には私も薦めています。やはり裸眼は魅力的ですから。
PCメガネ、気になっていたので試してみようと思います。

コメントを投稿する