社会的にアレな人に最適化されたブログ

レーシック再手術の憂鬱

»

さて、前回レーシック体験記を超ざっくりとまとめましたが、本稿がメインです。

結論から先にお知らせすると、「レーシックの再手術」をすることになりました。暦の上では3カ月目検診は12月だったのですが、師走ということもあり、その時間がとれず、ようやく1月11日に3カ月目検診を受けたのですが、そこで、「右が0.8、左が0.5」まで落ちているという予想通りの現実を突きつけられました。せめて1.0くらいならまだ笑っていられるというものですが、驚愕の視力低下に、「いったいなぜ? どうして?」という怒りが品川近視クリニックに向けられました。

ここで、レーシックの仕組みについて簡単に説明します。レーシックは角膜を削る手術ですが、角膜というのは、実は5つの細胞の層から構成されています。外気に触れている側から「角膜上皮細胞」「ボーマン膜」「角膜実質層」「デスメ膜」「角膜内皮細胞」と呼ばれ、レーシックというのは、角膜実質層を削ることで、角膜での光の屈折率を変化させることが目的となります。

この角膜実質層には、固定細胞と呼ばれる細胞が散在しています。この固定細胞がかなり厄介な相手です。角膜実質層が削られると、この固定細胞がコラーゲン繊維に変わり、角膜実質層が再生していきます。そして、固定細胞の再生力は個体差がかなりあります。レーシックでは固定細胞の再生力をある程度見越した上で角膜実質層を削りますが、予想を超える再生能力が発揮されてしまうと、結果として視力が戻ってしまうことになります。

自分の場合もまさにこの状態で、固定細胞がちょっと超速再生しすぎたことで、前の状態に近くなってしまったといえます。個別の患者の固定細胞の再生力が分かれば、視力が戻ってしまうリスクはほぼなくなりますが、現行ではお手軽に固定細胞の再生力を知るすべはないようです。言葉悪く行ってしまえば、予見し得るが、やってみるまで分からない、といったところでしょうか。ほとんどのクリニックで、再手術が1回無料でくっついてくるのは、こうしたケースがままあるからだと予想できます。

ということで、3月くらいに再手術です。わたしの固定細胞の再生力については今回のデータで判明していますので、次回同じようなことになる可能性はかなり低いと思われますが、クリニック側がそれを当たり前と感じてしまい、あまり患者のケアをしていないなという点がイラッとくるところです。

一応補足しておくと、人によっては、角膜の厚さなどの問題で、何度も手術を行えないケースもあります(そもそもレーシックできない方もいます)。もともと角膜が薄い人が再手術できる可能性は低いといってよいでしょう。角膜の厚さは検査をすればすぐ分かりますので、角膜が薄い方はほんの少しだけレーシックを思いとどまるのも英断ではないかと思います。

まとめますと、
・レーシックで裸眼視力はほぼ確実に上がる。1.5や2.0などもザラ。
・固定細胞の再生力は個人差があるので、視力が戻ってしまう可能性はザラにある。
・角膜の薄い人にとってはワンチャンスとなる可能性がある。

といったところでしょうか。本気でいい目がほしい人はイギリスでやった方がいいと思います。鷹の目も夢じゃありません。

あと、レーシックを少しでも安く上げたいという方は、レーシックで手術給付金が出る保険に入りましょう。最近の保険ではレーシックに手術給付金を出す保険会社もほとんどありませんが、探せばまだあったりします。また、新規加入者には給付金を出さないが、すでに加入している人には出るケースが多いようです。自分の場合はその保険会社がレーシックに手術給付金を出すことを知っていたので、そこを選び、当然ながら給付金が出ました。額は10万円です。でもまぁ当然ながらレーシックのために保険に入るのは長期的にみて損ですので、健康である程度のお金がある方は保険に入らなくてもいいんじゃないかと個人的には思います。

Comment(10)

コメント

nunnun

本日、術前の検診を受け角膜がやや薄いと診断され、アマリスなんとかという一番高い手術は無理で、二番目のプレミアムZという手術をすすめられました。検診前はノリノリだったのですが、2回目の手術は出来ないということでかなり水をさされた思いで帰ってきました。不具合があって再手術が必要の症例はかなり少なく、100人に1人あるかと言われましたが、それでも自分がなった場合その1人だったということで怒りをぶつけることも出来ない、それにその煩わしい状態のまま余生を過ごさなければならない事はかなり苦痛です。そこで色々情報をかき集めていた中、本投稿を拝見し思いとどまることにしました。やはりレーシックは術前の検診で何ら問題ない事は必須だと思います。もし直後の結果が良かったとしても何ヶ月かいや何年か予断できない状態が続くと思うとぞっとします。おっしゃられる通りこれは英断と信じます。有難うございました。

通りすがり

こんにちは。
私も品川近視クリニックで再手術が必要となってしまった者です。
最初の手術では再手術の可能性は1%程度と言われておりましたが、
再手術が必要と言われてからは、「再々手術が必要な人も稀にいます。」と
伏線を張られてしまいました。。。
手術前のカウンセリングはとても丁寧なのですが、
術後の検診等は淡々とした流れ作業で同じく私もイラッとする事がありましたよ。
100人に一人と言うのは嘘の様な気もしますね。

makeplex

> 通りすがりさん
心中お察しいたします。
ちなみに、お酒などは飲まれますか?
わたしの場合、術後にお酒を飲んでいたのも再手術になった一因なのかと思ったりします。
幸いにして再手術でそれなりに見えるようになりましたので(まだ3カ月検診に行っていないので実際の視力がどれくらいか分かりませんが)、怒りも少しは収まりましたが、思ったより再手術の割合は高いかも知れませんね。

YAS

再手術は成功しましたか?私も右だけ視力が落ちてしまいました。
再手術で視力がまたさがったらと思うと心配だけど、やってみないとわからないので結果をしらせてください。
今の視力いかがでしょうか?

makeplex

> YASさん
まだ3カ月検診に行けていないので、正確な視力は分かりませんが、1.0から1.5辺りではないかなと思います。再手術はとりあえず成功したと考えています。

YAS

再手術成功したようでよかったですね。私も安心しました。
いつもすごい人で混んでいる病院だから、大変ですが・・・私も思い切って再手術のために頑張って行ってみようと思います。
makeplexさんに背中を押してくれてありがとう(*^-^*)

きさ

初めまして
私もレーシックを受け先週1カ月健診に行ったら、視力回復があまり効果がなく
角膜をもう少し削りましょうということで、3月に再手術になりました。
時期的にも丁度同じで、何となく読んでいてうなずける部分が多々あったので、
コメントを入れました。
お互い、早く裸眼で生活できるようになりたいですね!!

The blog is really great ... I recently LASIK corneal surgical cut is called the cornea, in fact, is composed of five layers of cells. Exposed to the air "corneal epithelial cells" from, "Bowman's membrane" layer "Cornea"

きょうこ

初めまして。
私は神奈川クリニックで2年8ヶ月前に手術しました。当初からあまり視力が上がらず、0.9程度だったので保障期間内に再手術をするつもりでした。
徐々に視力が下がり、現在は0.4程度しか見えないため、再手術の検査に行ったところ・・・・如何に再手術にはリスクが伴うかを刻々と語られ、年齢的にすぐに老眼鏡が必要でしょうと言われました。(40代)
手術の予約を取るつもりでしたが、「考えます」と言って帰ってきてしまいました。
かなり憂鬱で迷っています。
みなさん、再手術はいかがでしたか?

ぴかちゅう

個人的にはレーシックはやめといたほうがいいと思いますね。
一度削った角膜は再生技術がないから。
レーシックを日本で最初に始めた北里大学病院の先生が以下の事を
いっていました。
1.うまくいっても見え方の質が劣化する。赤色が別の色に見えたりする。
2.ハロ、グレア、スターバスト、夜間視力の低下が発生する。
  レベルは個人個人で違うが。上記は消えない。なれるだけ。
3.ドライアイになる。ある程度なおる。
4.ー6d以上のど近眼は削りすぎて遠視になってしまうこともある。
5.角膜を削るので紫外線のせいで白内障になるリスクが高い。
6.白内障の手術では、眼内レンズの計算が大変。実績のある病院でないと失敗する。
7.眼内レンズにトーリック眼内レンズ、多焦点眼内レンズが使えない。
  使うと夜間車の運転が出来なくなる。
8.視力戻りが60%以上。現在北里では従来のレーシックはやっていない。
9.アメリカのfdAによると後遺症は軽い人も含めると5割前後あるとの事。
以上です。これでもレーシックをうけますか。

コメントを投稿する