オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

祝 ヤマハルータ16年連続でSOHOルータ国内シェアNo.1(ランシステム 黒澤氏)

»

私が編集支援しているランシステム 黒澤氏よりヤマハネットワーク機器の16年連続でSOHOルータ国内シェアNo.1の歩みをコラムにしていただきました。振り返ると涙が出そうです。興味がある方はご覧ください。
--
私は、社会人生活の成人式を迎えるほど働いておりますが、未だ社員表彰で1位(MVP賞)を取ったことがありませんが、ヤマハルータはなんと16年も連続で日本一を取ってしまうという快挙! 本当に凄いことだと思います。

さて、いい機会なのでヤマハルータと歴史を振り返りながら、なぜ16年間日本一に君臨し続けられているのか?分析していきたいと思います。

■ヤマハデザインと先進性

私は2000年春に入社し、ネットカフェ自遊空間のネットワークを作る事となり、私が初めて触ったルータがネットボランチRTA50iでした。ルータ総選挙1位に輝いてマグカップにもなったピアノブラックのキューブ型。ヤマハルータ人気の一つにデザイン性があるのかもしれません。モノづくりの魂みたいなものを感じる製品でした。当時としてはあまり見られなかったwebの管理画面のデザインも優れていました。当時から先進的なものを積極的に取り入れていました。最近の自遊空間は1Gbps光ファイバー回線が増えていますが、当時はISDN回線128Kbps だったので、20年で1万倍近く速くなったと言う事実、通信技術の進歩とルータの性能アップは凄いと感じます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://cyber-telework.jp/archives/261

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する