オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

障害対応に強くなろう(5)WEBサーバーのログ調査もこわくない

»

人気コラムニスト 濱田康貴氏によるコラム公開されました。興味がある方はご覧ください。

--
前回はgrepコマンドによるログ調査の基本を取り上げましたが、今回はより実践的にWEBサーバーのログ調査にフォーカスしてみたいと思います。

■WEBサーバーのログの種類

ざっくりとした説明にはなってしまいますが、WEBサーバーには

・アクセスログ
・エラーログ

の2種類があると思っていただければ、というところなのですが、アクセスログは原則としてサーバーが処理を行ったすべてのログを記録するのに対して、エラーログはWEBサーバーがリクエストを処理した結果発生したエラーを記録します。また、WEBサーバーを再起動した際もエラーログに書き込まれますので、障害発生時にはまずエラーログを確認するクセをつけましょう。

ここで1点注意が必要なのは、どちらのログも、あくまで「WEBサーバーがリクエストを受け取った」結果がログに書き込まれるので、ブラウザからWEBサーバーまでの間のネットワーク障害や、WEBサーバー自身がファイアウォールでhttp https接続を許可していないと、WEBサーバーがリクエストを受け取れないので、そもそもログに書き込まれません。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/magazine/column/hamada-syougaitaiou5/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する