オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

濱田康貴氏のクラウド時代のサーバー運用入門 > 第25回 エンジニアと学び (5) - 技術書との付き合い方 2

»

私が編集支援している濱田康貴氏のクラウド時代のサーバー運用入門 > 第25回「エンジニアと学び (5) - 技術書との付き合い方 2」がCTC教育サービスで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

みなさんこんにちは。エンジニアの皆さんの中には、技術書を読む機会がある方も多いのではないでしょうか。今回も、前回に引き続き、技術書との付き合い方、読書hackについて取り扱いたいと思いますが、今回は特に、よりご自身の内面と向き合い、良書を選ぶにはどうしたらよいかのヒントをお伝えできればと思います。

ご自身に合った良書を選ぼう - もっとも詳しい技術書が最高の良書とは限らない
最初に申し上げておきたいのは、技術書と呼ばれる書籍は大きく以下の分類ができるのではないかと思っています。

理論立てて技術そのものに詳しく解説されている入門書(入門者向けとは言っていない)
入門者でもとっつきやすいよう、まずは手を動かして覚えることを目的とした入門書(ほんとうの入門者からベテランエンジニア向け)

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/hamada/hamada25.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する