オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

宮﨑悟氏「WSLで始めるUbuntu」第14回「キーバインドについて知ろう」

»

私が編集支援している人気コラムニスト宮﨑悟氏「WSLで始めるUbuntu」第14回「キーバインドについて知ろう」がCTC教育サービスで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

前回は、コマンドラインで使用するワイルドカードについて説明しました。今回はbashで使用されるReadlineの機能と、キーバインドについて説明しようと思います。

Readline

bashでは GNU Readline というライブラリを使用して、コマンドラインからの文字入力読み込みを行います。キー入力はそのキーに割り当てられた機能を実行します。通常「a」という文字を打つと self-insert という打ち込んだ文字をそのまま挿入します。機能には幾つかの種類があり、特殊文字(Return、TAB、Delなど)も別の機能が割り当てられます。キーに機能を割り当てることをキーバインドと呼ばれます。コントロール・エスケープと通常文字を組み合わせて、キーバインドを設定する事ができます。

キーバインド

現在のキーバインドは、bind -p を実行すると表示できます。bash のデフォルトキーバインドは、emacs-standard です。emacs-standard は、GNU Emacsというエディタのキーバインドをベースにしています。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/miyazaki/miyazaki14.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する