オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

GRANDIT 高橋昇氏の「レガシーERP」からの脱却第14回「サブスクリプション」が公開されました。

»

私が編集支援しているGRANDIT 高橋昇氏の「レガシーERP」からの脱却第14回「サブスクリプション」が日商エレクトロニクスで公開されました。興味がある方はご覧ください。

■サブスクリプションの意味
最近はテレビのCMでも耳にすることが多くなってきたので皆さんも「サブスクリプション」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。サブスクリプションとは定額課金という意味で様々なモノやサービスを一定期間利用できる権利を購入するというビジネスモデルです。

元々は新聞や雑誌などの定期購読でお馴染みですが、最近では「動画配信」「雑誌」「ファッション」「自動車」、など様々なサービスが利用できるようになりました。

一方、以前は似たような形態で「リース」があると思いますがどこが違うのでしょうか?
「リース」は長期間に渡り商品を貸し出すサービスのことをいいます。「サブスクリプション」との違いでいうと、商品を選ぶことが出来ることと、途中解約が出来ないことの2点です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/2740

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する