オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

スーパーエンジニアの独り言 > 第89回 シリコングラフィックス

»

私がマーケティング支援しているCTC教育サービスの藤江氏コラム「スーパーエンジニアの独り言 > 第89回 シリコングラフィックス」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

ミニコン時代を経て、机の上に載るほどにサイズが小さくなったワークステーション。
ワークステーション戦国時代は、色のない時代でした。
白や灰色、ベージュなどの硬質プラスティック成型色のままのような素っ気ないマシンが部屋に並んでいました。
形やロゴで何のマシンかは辛うじて識別出来ましたが、数年も使っていると日焼けして劣化した上に、静電気で埃を吸いつけて黒ずんだ色が染み込んでいくのは、正に経年劣化そのものを体現していました。
ふと、褪せて黒ずんだベージュ色になってしまったマシン達を遠くから見てしまうと、まるで古いマシンですと控えめに主張している様子に見えましてなんだか物悲しくもありました。
そんな色のない時代に言葉通り異色の「藍色」をしたマシンが目を惹きました。
「藍色」の外観通りでそのマシンシリーズは「インディゴ」"Indigo" という名前です。
「シリコングラフィックス」"Silicon Graphics International; SGI" という会社が創ったマシンでした。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/super/super89.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する