オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「Python認定試験の受験者が開始2年で5000名を超えました。」

»

認定スクールであるKCCSキャリアテックで私のコラムが公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
2019年7月に開始2年でPython3エンジニア認定試験の受験者数が5000名を超えました。
KCCSキャリアテックには早期に認定スクールとして参加いただき、Pythonエンジニア育成推進協会を支えていただきました。本当にありがとうございます。

ちなみに、この2年で5000名が多いか少ないかという話ですが、実は民間のIT試験においてはかなり脅威的な数字にあります。日本には民間のIT試験が約80個あります。その中で開始2年で5000名の受験者を超えたところは実はほとんどないのです。(私が知る限り過去にTurbolinuxのTurbo-CEとXMLマスター、そしてあと1個か2個くらいしかありません)
皆さんがご存知のメジャーな認定試験も最初の2年では累計で1000名も超えていないのが実情です。
試験は、それくらい時間をかけて受験者を伸ばしていくものなのです。Python3エンジニア認定試験がここまで勢いがあるのは、AI、機械学習、ビッグデータ、OpenStackなどで標準的に使われているからと言われています。
AI、機械学習、ビッグデータ、OpenStackはいずれも将来のIT業界の中心的な市場であり、今後まだまだ伸びる分野です。Pythonはそれくらい重要な開発言語に成長しているのです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/column/2019/yoshimasa/Python-Pythonic.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する