オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

気付くのが遅れると大規模感染につながるサプライチェーン攻撃とは(1)

»

私が編集支援している橋川ミチノリ氏の新連載が始まりました。

「5分で理解するITセキュリティ最新動向」

「気付くのが遅れると大規模感染につながるサプライチェーン攻撃とは(1)」

興味がある方はご覧ください。

###
こんにちは。本連載を担当するディーアイエスソリューションの橋川ミチノリです。難しい内容が多いと言われているITセキュリティについて、「5分で理解できる」わかりやすさで説明していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回のテーマである「サプライチェーン攻撃」という言葉を聞いたことがありますか? Webで検索すると、多くのニュース記事がヒットするでしょう。

なぜ「サプライチェーン攻撃」に注目が集まっているのかというと、この攻撃は感染から発覚までのタイムラグが長くなり、発覚するまでの間に感染が広がっていくことが多いからです。さらに、「サプライチェーン」という名前の通り、企業間取引経路や流通経路を伝わって感染が広がっていくので、その感染範囲がさらに大きくなるおそれがあるためです。

セキュリティ業界全体に大きなインパクトを与える可能性があることから、「サプライチェーン攻撃」は業界として取り組んでいかなければいけない課題と位置づけられています。そして、企業においてもセキュリティ担当の方はもちろん、経営層や管理職層の方も知っておかなければならないサイバー攻撃手法です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2019/05/27/mynavi-hashikawa01/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する