オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

自分自身の将来を考えて、最新のコミュニケーションツールを会社で使おう

»

私のコラムがディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「自分自身の将来を考えて、最新のコミュニケーションツールを会社で使おう」というタイトルで書きます。

やや公私混同な話ではありますが、本気で考えていますので、興味がある方は読んでください。

先日、日経新聞に「厚生年金加入、70歳以上も 厚労省が納付義務」という記事が朝刊の一面を飾りました。

確かに健康寿命が延びて、昔よりも長期間働けるようになりました。年金の納付義務が70歳以上になることで、働き続け、納付を続ければ、年金受給ゼロによる空白の収入ゼロ期間を減らすことができので、良いような気もします。しかし、年金の基本的な考え方は、トータルで納付した金額÷納付年数で算出するので、高齢期の納付時期が増えると、平均納付金額/年が減少し、もらえる金額が減少する可能性があるのです。まれに65歳まで働けるような会社もあり素晴らしいと思いますが、多くの会社ではもっと早く定年になることが多いです。一方で医療の進歩により働ける健康があるのに能力が足りず、働けない、大老人貧困時代が訪れる可能性があるのです。そういう意味でも高齢者の雇用問題は結構深刻です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2019/04/29/sns%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する