オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

激辛!新版Google速度測定ツール「TEST MY SITE」にどう対応するか

»

私のコラムがデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。
興味がある方はご覧ください。
###
こんにちは。デジタル・ヒュージ・テクノロジー顧問の吉政でございます。

Googleのモバイル速度測定ツールが改訂されました。

Googleは少し前に宣言している通り、PCからの表示環境はカウントせずにモバイル環境で見やすいか、速いかをチェックしています。もうモバイルしか見ないということですね。実際に藻場オイルで速ければPCはさらに速く、モバイルで見やすければPCでも見やすいです。

そこで、GoogleはTEST MY SITEというモバイル環境での表示速度チェックツールを公開していました。Page Speed Insightがページ単位で測定するのに対して、TEST MY SITEはサイト全体をチェックしてくれます。

低速なモバイルサイトは損してますよ!とGoogleは言っています。

Googleにとってみると、検索した先のサイトが遅かったり、見にくかったりすると「へい!Googleさん、とんでもないサイトをリコメンドしてくれたな」という評価を頂くので、Googleにとっては重要なことなのです。

「Googleの評価が下がってもうちには関係ない」

と思う方がいるかもしれませんが、全世界の検索シェア9割のGoogleのツールでペナルティを受けると、検索順位が下がります。日本での検索シェアは95%なので、Google中心に考えてもいいくらいです。

チェックして「遅い」というペナルティを受けてしまった方々へ、私なりの対処法を書きます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/04/testmysite/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する