オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Pythonエンジニア育成事例「株式会社エム・フィールド」を公開しました。

»

私が主宰している一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会がPythonエンジニア育成事例「株式会社エム・フィールド」を公開しました。

~株式会社エム・フィールドが1年で43名のPythonエンジニア認定試験合格者を輩出、成功の秘訣は何か~

興味がある方はご覧ください。

■金融系業務システムを得意とする株式会社エム・フィールド

エスティ・アンド・カンパニー株式会社グループは、IT事業を始め、人材紹介や美容、飲食、建築、演劇といった幅広い事業展開を行っており、それぞれの事業会社のトップには、その分野でのプロフェッショナルをスカウトして経営を任せている。そんな同グループの中で、IT事業の一翼を担っているのが株式会社エム・フィールドだ。

株式会社エム・フィールドは、キャリア支援・受託開発やエンジニアの派遣を主に行っており、金融系の業務システムを得意としている。それ以外に、ITコンサルティングや分析、Pythonで開発した自社ソリューション、スマートフォン向けデジタルスタンプサービス「HiTAP(ハイタップ)」などの開発・提供をしている。

そんな同社では、これまでJAVAをメインとして使った開発を行ってきたが、昨今の自社を取り巻く環境を鑑みて、今後の事業展開の中に、BIやAIといった分析系を施策に取り入れることになった。その手段として、当時注目が集まってきていたPythonに着目する。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.pythonic-exam.com/archives/749

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する