オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Kubernetes Special Interest Groupの最新情報:OpenStackクラウドでKubernetesを実行する方法について

»

私が編集支援している野田貴子氏のコラム最新号「Kubernetes Special Interest Groupの最新情報:OpenStackクラウドでKubernetesを実行する方法について」が鈴与シンワートで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
こんにちはー。野田貴子です。今月も海外のOpenStackコラムを意訳してご紹介します。ご参考いただければ幸いです。

2つのコミュニティをつなぐ[Kubernetes Special Interest Group](SIG-Kubernetes)は、OpenStackとKubernetesの統合を実現するために懸命に取り組んでいます。SIGに参加しているOpenStackやKubernetesのエコシステムには、以下のようなプロジェクトがあります。

- OpenStack上でKubernetesを実行するためのドライバ - [cloud-provider-openstack]。
- CSIブロックストレージインターフェースの[Cinderによる実装]。
- [Magnum]、[Kops]、[cluster-api-provider-openstack]など、OpenStack上でKubernetesをデプロイ・管理するためのプロジェクト。

cloud-provider-openstackプロジェクトはKubernetes対応の1.13リリースを12月に発表し、続いて[1月に1.13.1リリース]を発表しました。これにより、ユーザーはOpenStackクラウドでホストされるKubernetesのインストールで利用できるリソースを認識させ、直接管理できるようになりました。たとえば、[Octavia]を使用して入力コントローラ(ロードバランサとも呼ばれます)を作成し、[Cinder]を介してブロックストレージデバイスを管理し、[Nova]を介してノードのステータスに直接アクセスする機能があります。最新のリリースでは、このプロバイダは[Barbican]によるKubernetesキーの管理もサポートしています。Kubernetes APIがリソースを要求する際は、cloud-provider-openstackはOpenStackがそのリソースを提供する基本的な層となります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/openstack27/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する